最新記事

トランプ夫人

トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

2016年10月20日(木)10時10分

Lucy Nicholson-REUTERS

<大統領選の第2回討論に、上品なコンサバルックで登場したトランプの妻メラニア。しかし夫の過去の卑猥な発言が公開された直後だったため「挑発的」と揶揄される羽目に>(写真:物議を醸した討論会のブラウス)

 女性の首脳や公人のフォーマルな装いに欠かせないアイテムはいろいろある。その1つが襟元の詰まったブラウスやワンピースに同素材のリボンをあしらった「プッシーボウ(ネコの首に付けるリボンの意味)」だ。

 普通のシャツやワンピースにはない品格と程良い女性らしさが簡単に演出できるコンサバルックの定番で、マーガレット・サッチャー英首相やナンシー・レーガン米大統領夫人、ダイアナ英妃もこよなく愛した。

 ところが先週、このブラウスを着てとんだ物議を醸したのが、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプの妻メラニア(46)。民主党候補ヒラリー・クリントンと夫の第2回テレビ討論会に、ピンクのパンツスタイル(冒頭写真)でさっそうと登場したのはよかったが、メディアの注目が集中したのは着こなしではなく、プッシーボウ・ブラウスの名前だ(プッシーにはスラングで女性器の意味もある)。

【参考記事】「オクトーバー・サプライズ」が大統領選の情勢を一気に変える

 折しもこの2日前、トランプが卑猥な言葉で自慢げに女性経験を語る過去の映像がネット上で公開され、共和党内からも批判が巻き起こっていた。そんななか、わざわざこのブラウスを選ぶとは「挑発的」「夫への当てつけ」と面白おかしく書き立てられる羽目に。7月の共和党大会ではミシェル・オバマ大統領夫人のスピーチを盗用した疑惑でたたかれ、今回も肝心な局面で手痛い失態を犯した。

 とはいえ、最近のメラニアの着こなしには「大統領夫人候補」としての野望と緻密な計算がうかがえる。トランプの出馬前は、元モデルならではの抜群のスタイルを誇示するように、胸元や脚を大胆に露出した服(下の写真)をよく選んでいた。

magw161020-02.jpg

トランプと婚約当時(04年)には、派手で露出度の高い服を好んで着ていたが...... Billy Farrell-Patrick McMullan/GETTY IMAGES

 だが予備選で指名獲得の勝算が見えてきた頃から、一転してコンサバ路線に。「ようやく彼女も服を着るようになった」と評する新聞さえあった。シンプルだが袖口が花びらのようにふくらんだ純白のワンピース、コートを同色のスーツやワンピースの上にさりげなく羽織るなど、シックであか抜けたスタイルに徹し、共和党の保守派から若者まで幅広い層にアピールしようとしている。

【参考記事】トランプにここまで粘られるアメリカはバカの連合国

 今のところ成果は上々だ。物議を醸したグッチのプッシーボウ・ブラウス(1100ドル)も飛ぶように売れているらしい。

 ただしメラニアが大統領夫人になってもミシェルのように万人受けはしそうにない。既に選挙戦中にヌード写真が流出したり、学歴詐称疑惑が浮上するなど、品格の面で大きな疑問符が付いている。

[2016年10月25日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米国務長官、香港メディア王の逮捕受け中国を非難

ビジネス

米コロナ支援に協調必要、弱者が最大の苦境=シカゴ連

ワールド

独仏首脳会談、今夏開催か 南仏の大統領別荘で=関係

ワールド

米コロナ追加対策協議は膠着続く、与野党双方がけん制

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月