最新記事

アメリカ政治

メラニアがファッションリーダーに? サウジアラビアでの華麗な着こなしをチェック

2017年5月25日(木)11時42分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

サウジアラビア訪問中のファッションが好評だったメラニア Hamad I Mohammed-REUTERS

<トランプ米大統領初の外遊に同行したメラニア夫人が、王族が支配するサウジアラビアに訪ねたときの七変化>

ドナルド・トランプ米大統領の外遊に同行してサウジアラビアを訪問したメラニア夫人の、王様の宮殿にも負けないファッションがいつになく強くて面白い。解説しよう。

【参考記事】米中ファーストレディのファッション対決、軍配はどちらに
【参考記事】トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

スカーフ着用しなくて良かった

20日、リヤドの空港に到着したメラニアでまず目についたのは、イスラム教徒の女性が外出時に着用するスカーフをしていないこと。一緒に到着したトランプの長女、イバンカもスカーフはしていなかった。実は、ヒラリー・クリントン、アンゲラ・メルケル、オバマ前大統領夫人のミシェル・オバマが訪れたときもスカーフはなかった。

(トランプ米大統領とメラニア夫人がサウジアラビアに到着)


スカーフはなくても、メラニア・ファッションの評判は上々。現地紙アラブ・ポストは「上品で礼儀正しい」というタイトルでメラニア夫人の着こなしを称賛した。

タラップの上に姿を表したメラニアは、ステラ・マッカートニーの黒いゆったりしたジャンプスーツに、サンローランの幅広ベルトでウエストをマーク。サウジアラビアの伝統衣装「アバヤ」に似たデザインのスーツを取り入れたことから、中東の文化に理解があると高く評価された。

【参考記事】オバマ夫人ミシェル、短パンの波紋

ファッションリーダーにメラニア!?

メラニアの着こなしは、サウジアラビア女性にも受け入れられたようだ。現地では、アバヤをメラニア風にアレンジした「メラニア・スタイル」がSNSに投稿された。「全身を黒でまとめてゴールドの薔薇をウエストに付ければ、ほぼ一緒」。


夜はサウジアラビアのサルマン国王主催の歓迎行事に参加。この夜は肌の露出を抑えた赤紫色のロングドレスを選んだ。中東レバノン出身のデザイナー、リーム・アクラのもの。

ra01.jpg

サルマン国王のエスコートのもと会場のムラバ・パレスに姿を現したメラニア Bandar Algaloud-REUTERS


今月上旬にマルコム・ターンブル豪首相と夕食を共にした際のクリスチャンディオールのレモンクリーム色のドレスと形が似ている。

(5日ニューヨークで行われた米豪首脳会談の夜)


2日目はリヤド市内のアメリカンスクールと、従業員が全員女性の米ゼネラル・エレクトリック(GE)社のサービスセンターを訪問。待ち構える報道陣の前に現れたメラニアは、ベージュのシャツワンピース姿。サファリテイストが織り込まれたワンピースはラルフ ローレン コレクションのもの。合わせた靴についてニュースサイトNine.comは、「47歳ながら、ゼブラ柄のスティレットヒール (細く高いヒール)をきれいに履きこなしている」と褒めた。

【参考記事】真逆の日米ファーストレディー 昭恵とメラニア、共通点は「型破り」

rarph01.jpg

ファッションメディアも絶賛したピンヒールで歩くメラニア Hamad I Mohammed-REUTERS


リヤドで過ごす最後の夜はトランプのスピーチもある大事な一幕。強いファーストレディスタイルに回帰するように、ドルチェ&ガッバーナのセットアップで登場した。

(白いパンツスーツを褒める投稿)


サウジアラビアの後、イスラエル、パレスチナ自治区を訪ねたトランプとメラニアは、24日からヨーロッパ入り。バチカン訪問の後、26日からイタリアで行われる主要7カ国(G7)会合に参加する。中東で上々の評判を得たメラニアは、ヨーロッパではどんな着こなしを見せてくれるのだろうか。

【参考記事】メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

ニュース速報

ワールド

米民主党、トランプ大統領の罷免求める 「国家安全保

ワールド

イラン、自国での飛行記録解析目指す、外国に渡す決定

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月