最新記事

米社会

人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

2017年5月30日(火)15時39分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

逮捕直後の写真 Palm Beach County Sheriff's Office-REUTERS

<タイガーがまた逮捕された、というだけでも衝撃なのに、顔を見たらまるで別人!>

伝説のゴルフ・プレイヤー、タイガー・ウッズ(41)が29日未明、米南部フロリダ州パームビーチの自宅付近で、アルコールかドラッグを服用した状態で運転した疑いで逮捕された。すでに釈放されたタイガーは同日に出した声明で「処方された薬の影響だった」と説明している。

同州パームビーチの保安官事務所によると、逮捕されたのは午前7時18分。10時50分には釈放された。

釈放後に公開した声明文




「自分がしたことの重大さは理解しており、自分の行動に対する全責任を取るつもりです」
「みんなに知ってほしい。アルコールは無関係で、処方された薬から予期しない反応が出ました。複数の薬の服用でこれほど大きな反応が出るとは思っていませんでした。」
「家族、友人、ファンに心から謝りたい。私も自分が許せない。」
「このようなことが2度とないよう、できることは何でもします」

メジャーで過去14回優勝という輝かしい実績を持つウッズだが、今年2月に「オメガドバイデザートクラシック」を途中棄権したのを最後に、プレイ姿は見られていない。4月には腰と足の痛みを和らげる手術を受け、復帰が期待されていた。

(タイガー・ウッズの逮捕を知らせる投稿)

【参考記事】ウッズ「仏教で更生」はホント?

あの件から迷走状態

2009年に今回同様に自宅付近で起こした交通事故をきっかけに、次々と浮気が発覚。ウッズの浮気相手として名乗り出る女性まで登場し、2010年に6年連れ添った妻と離婚。2人の子供とも離れ離れになってしまったウッズは、表舞台からすっかり姿を消した。

2010年に行った会見では、浮気騒動について「立ち直るための時間を与えてほしい」と詫びた。子供時代に仏教徒として育てられたウッズは仏教の教えに言及し、こんなことも言っていた。

「衝動に振り回されて行動することをやめて、自制することを学びなさいと、仏教は私に教えてくれていました。それなのに、私はその教えを見失っていたようです」

5月24日に更新したブログで、先月受けた手術の成功と、経過が良好であると報告したウッズ。失敗を気にせずリハビリに励み、子供の学校への送り迎えもしたいと意気込みを語ったばかりだ。「焦らず、できることを日々やっていきたい」と。

タイガー・ウッズにいったい何が起こったのか──スポーツ界にとって今最も悩ましい問いだ。

(逮捕当時の写真)

【参考記事】セレブ妻が離婚を決めるとき
【参考記事】「女好きウッズ」だっていいじゃない?

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 2

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

  • 3

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、われわれは孤独だった?

  • 4

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 8

    数学が得意な日本で、なぜ三角関数が嫌われる?

  • 9

    北朝鮮、日本政府に「徴用工」問題への介入を予告

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 3

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 10

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月