最新記事

アメリカ政治

トランプのシリア攻撃は長女イバンカの「泣き落とし」のため?

2017年4月12日(水)17時55分

トランプ政権で存在感を高める長女イバンカと夫クシュナー Carlos Barria-REUTERS

<シリア攻撃を決定付けたのはイバンカの一言だった? トランプ米大統領とイバンカの間で交わされたであろうやりとりを実弟が明かした......>

ドナルド・トランプ米大統領が4月6日にシリアへのミサイル攻撃に踏み切った背景には、長女イバンカの影響があった。イバンカの実弟エリック・トランプが英テレグラフ紙に語った。

エリックによれば、シリア北部イドリブ県でシリア軍が化学兵器を使ったとされる攻撃に対するイバンカの「悲しみと怒り」が、トランプの武力行使を後押ししたという。

【参考記事】米軍シリア空爆は、イスラム社会の反米感情を煽るだけ

エリックは言う。「イバンカは3人の子供を持つ母親で、大きな影響力を持っている。彼女はきっと『聞いて、こんなのひどすぎる』という具合に言ったと思う。父(トランプ)は、そういう時には動く人だ」

「父は2年前にはシリアとは一切関係したがらなかった。だがアサド政権が自国の女性や子供を毒ガスで襲撃し、ある時点で、アメリカは世界のリーダーとして行動を取る必要があった。そうしたのは、素晴らしいことだと思う」

トランプ大統領は、シリアの空軍基地に向け59発のトマホーク巡航ミサイル発射を命じ、その2日前のシリア軍による化学兵器使用で「多くが長い時間苦しんで死んだ」と指摘した。

夫クシュナーも政権インサイダー

イバンカはミサイル発射の後ツイッタ―にこんな投稿をした。「非人道的な恐ろしい犯罪行為を見過ごさなかった父を誇りに思う」と。

イバンカは、トランプ政権の中でますます存在感を高めている。今では無報酬ながら大統領の顧問としてホワイトハウスのウェストウィングに専用の執務室を持つ。

【参考記事】イバンカ政権入りでホワイトハウスがトランプ家に乗っ取られる

イバンカの夫で大統領上級顧問を務めるジャレッド・クシュナーも、トランプが最も信頼を寄せる顧問の1人。大統領直属の「アメリカン・イノベーション・オフィス」責任者のほか、中東和平の仲介役も担う。メキシコやカナダとの外交関係のアドバイスもクシュナーの仕事に含まれる。

【参考記事】トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

ニュース速報

ビジネス

ECB、銀行の配当制限を近く解除も=副総裁

ワールド

米政府、制裁の解除に同意している=イラン当局者

ビジネス

ユーロ圏PMI、6月総合は15年ぶり高水準の59.

ビジネス

日産社長、3年連続赤字「なんとしても回避」 早期復

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月