最新記事

ドイツ選挙

相次ぐユダヤ人差別発言でドイツの極右政党AfDも終わった?

2017年4月7日(金)18時08分
ジェイソン・ルミエール

党員のユダヤ人差別で支持率ガタ落ち、極右AfDのペトリー党首 Axel Schmidt-REUTERS

<反移民感情から支持を集めてきたドイツの極右政党AfDが、反ユダヤ主義と非難を浴び支持率急落。3月に極右ポピュリズム政党が総選挙で敗退したオランダの後に続くか?>

ドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のフラウケ・ペトリー党首は、同党がユダヤ人を差別しているという批判に対してAfDはユダヤ人の数少ない守り手だと強弁した。世界ユダヤ人会議(WJC)のロナルド・ローダー会長がAfDを「ドイツの恥」と批判したことに応えたもの。

ペトリーは4日発行の独ウェルト紙のインタビューで、「違法かつ反ユダヤ的な移民が増えているドイツにおいて、AfDはユダヤ人の暮らしを保証する数少ない組織のひとつだ」と語ったのだ。

AfDは9月の連邦議会選挙に先立って人気を集め、支持率も一時は15%まで伸びてアンゲラ・メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)など既成政党を慌てさせた。しかし、一部の党員が反ユダヤ主義的な言動で非難を浴びたことが影響し、ここ数週間は支持率も10%を下回っている。

【参考記事】オランダ総選挙、ポピュリズム政党敗退の裏側に見えるもの
【参考記事】メルケルを脅かす反移民政党が選挙で大躍進

党のテューリンゲン州代表であるビョルン・ヘッケ州議会議員は、ベルリンのホロコースト慰霊碑を「恥の記念碑」だとし、ウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューでは、ナチスの総統アドルフ・ヒトラーは「絶対悪」ではないと発言した。「ヒトラーを絶対悪と呼ぶのは大きな間違いだ。歴史には白も黒もない」

ローダーはこれらの発言を「ショッキングでおぞましい」と形容し、「AfDが極右におもねっているのは明白だ。彼らは火遊びをしている」と主張した。

「ホロコーストは注目されすぎ」

ペトリーはヘッケを党から追放しようと試みたが、最新のインタビューではなぜか彼の擁護に転じた。第二次大戦について、より「広い視野からの」解釈を求めたのだ。

「AfDはもちろん、ホロコーストの歴史を重く受け止めている。だが、ベルリンのホロコースト慰霊碑には社会的に賛否両論もあり、それがすべてとは言えない」

ドイツのユダヤ人中央評議会の前代表シャルロッテ・クノブロッホは、ラジオ局ドイチェ・ヴェレで放送されたペトリー発言を批判する。AfDは「公然と、かつ姑息に、人種差別的、排他的、反ユダヤ主義的な発言をし、歴史を改ざんし、ホロコーストを相対化あるいは否定し、ネオナチにすり寄っている」と述べた。

やはりAfD党員でバーデン・ビュルテンベルク州のウォルフガング・ゲデオン下院議員は昨年、ホロコーストはドイツで注目されすぎている、と発言。同党の地域会長であるエレナ・ルーンは2月、AfDのグループチャット内にヒトラーの写真を掲げ、「1945年から会いたい」「アドルフ、お願いだから連絡して!ドイツにはあなたが必要!」などのコメントを投稿した。

ドイツでは2015年にユダヤ人に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)が200%増加、その後も急増している。

AfDはまたイスラム教徒の移民にも反対だ。イスラム教徒に関するマニフェストの表題は「イスラムはドイツの一部ではない」となっている。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 10

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月