最新記事

米大統領選

「トランプ大統領」を誰より危惧するイスラム教徒の不安

2016年11月8日(火)18時10分
ジェイソン・ル・ミエーレ

ニューヨーク5番街のトランプタワーの前でトランプ候補に抗議するイスラム教徒 Eduardo Munoz-REUTERS

<2016年11月8日米大統領選当日。固唾を飲んで投開票を見守るイスラム教徒の苦悩>

 米ニューヨーク市にあるマディーナ・モスク(イスラム礼拝所)でイマーム(集団礼拝の指導者)を務めるアブ・スフィアンは、アメリカを分断する米大統領選が進む中、イスラム教徒に対する暴力の連鎖が爆発的に広がる様子を間近で見てきた。8月にはニューヨーク・クイーンズ地区で、知人のイマームが朝の礼拝を終えてモスクから出たところを背後から男に頭部を撃たれ、助手とともに殺害された。今年初めには、彼と同じモスクに通うイスラム教徒の女性も、ニューヨーク・マンハッタン地区を歩行中に車に突っ込まれた。

固唾を飲むイスラム教徒

 いよいよアメリカの次期大統領が判明する火曜日は、ほとんどの国民が固唾を飲んで開票結果を見守るだろう。だが他のどの層よりも大きな不安を抱えて当日を迎えるのは、アメリカのイスラム教徒だ。共和党候補ドナルド・トランプが反イスラム感情や暴力をここまで煽った後では、たとえ民主党候補のヒラリー・クリントンが勝利したとしても、火曜日の夜を境に自分たちの身に何が起きるのか不安で仕方ないと、イスラム教の指導者たちは語った。

「2016年はモスクが攻撃される事件が急増し、過去最悪だった」と米イスラム関係委員会で政府業務を担当するロバート・マカウ所長は言った。「トランプは選挙集会でしきりにイスラムフォビア(イスラム恐怖症)を唱え、イスラム嫌いを根付かせた。偏狭な人種差別を勢いづかせ、ムスリム社会を狙った暴力を助長している」

【参考記事】戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

 トランプはイスラム教徒を狙って、大衆の憎悪を煽ってきた。アメリカやヨーロッパでイスラム過激派やISIS(自称イスラム国、別名ISIL)のイデオロギーに染まったローンウルフ(一匹狼)型のテロ攻撃が続発したのを機に、イスラム教徒の入国禁止を訴えたのがよい例だ。

【参考記事】「イスラム教徒の入国禁止」を提案、どこまでも調子に乗るトランプ

 トランプの躍進と並行して、イスラム教徒に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)の件数も2001年9月11日の同時多発テロ以来最多を記録した。

「9.11のときよりひどい」

「イスラム教徒を取り巻く環境は当時より悪化した」とスフィアンは言った。「9.11以降は悲しみに包まれみんな傷ついていたが、今は当時と違う。仕組まれたように憎悪がはびこり、アメリカ社会がまるっきり分断されてしまった」

【参考記事】トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

 テロの脅威からアメリカを守る救世主を自称するトランプは、事あるごとにイスラム教徒がアメリカの安全保障を脅かしているとやり玉に挙げた。アメリカにいるすべてのイスラム教徒にデータベースへの登録を義務付けるという主張は、多方面から批判を受けて撤回を余儀なくされた。だがイスラム教徒への監視を強化して、怪しい動きを察知すれば裏付けなくモスクを捜査させるという主張については撤回を拒んでいる。

ニュース速報

ワールド

アングル:混迷の米大統領選、「不服申し立て」でどう

ビジネス

アングル:米国債利回り今度こそ上昇持続か、さらなる

ビジネス

トヨタとKDDI、新たな資本・業務提携に合意

ビジネス

日経平均は5日続落、2万3000円割る 米感染者最

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由

  • 4

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 5

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 6

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 10

    中国共産党化する日本政治

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月