最新記事

海外ノンフィクションの世界

3000万人の難民の子どもたちは、避難先で何を感じているか

2016年11月1日(火)16時45分
いわたかよこ ※編集・企画:トランネット

『世界の難民の子どもたち ②「イラン」のナビットの話』より

<全難民の半数が18歳未満だが、彼らは胸の内で何を思い、どんな苦難を経験し、どんな希望を抱いているのか。BBCのアニメを原案とする絵本『世界の難民の子どもたち ②「イラン」のナビットの話』から知る世界の現実>

「ぼくはナビット。これはイランから脱出してきた、ぼくの本当の話。」

「ぼくたち家族は、イランから脱出しました。おとうさんがイランの、政治のやり方や、国のあり方に、反対していたからです。」

「政府の役人が来た日のことは、今でも、おぼえています。おとうさんの命が、あぶない! すぐに、脱出しなければなりませんでした。」

「おおぜいの人が、イランの政府に反対していました。そして、おとうさんと同じような目にあっていました。」

◇ ◇ ◇

 現在、世界を揺るがしている難民問題。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によると、2015年末時点で6530万人もの人が難民や国内避難民として故郷を追われている。その中には、当然、子どももいる。それどころか、全難民のうち51%が18歳未満の子どもだ。

【参考記事】難民はなぜ、子供を連れて危険な海を渡るのか

「Seeking Refuge」というタイトルの、英国アカデミー賞を受賞したBBC(英国放送協会)制作のアニメーションがある。アフガニスタン、イラン、エリトリア、ジンバブエ、ユーラシアから逃げてきた5人の子どもたちの物語。いずれも5分前後の短編だが、心揺さぶる作品だ。このアニメーション作品を原案に、このたび『世界の難民の子どもたち』という5冊の絵本が造られた。

 本シリーズ『世界の難民の子どもたち』における「難民」とは、保護を求めて国外に逃れた人のことを指す。国を脱する理由は、戦争、政治的思想、信仰等さまざまだ。ただ、「難民」というと、母国にいた間は悲惨な目に遭い苦労していたが、いったん国外に逃げられれば、あとは逃げ延びた先の国で手厚い保護を受け、安定した暮らしができる、そんなイメージがあるかもしれない。だが、それは大きな間違いだ。

 冒頭で紹介したのは、シリーズの1冊である『世界の難民の子どもたち ②「イラン」のナビッドの話』(難民を助ける会監修、アンディ・グリン作、ジョナサン・トップフ絵、筆者訳、ゆまに書房)だ。ナビットは、反政府思想のために命を狙われ、国を出た父親を追って、母と2人で逃げていくのだが、長くつらい旅の果てに、ようやく父親と再会するも、最初は父親のことがわからない。その戸惑いと、その後、やはりこの人が父親だと確信し、安心するまでの気持ちの揺れ。子どもだからこその思いであり、子どもを主人公にした大きな意味がここにはある。

【参考記事】イギリスで難民の子供900人が行方不明に

ニュース速報

ワールド

コロナ関連の解雇・雇い止め、23日現在で6万043

ビジネス

三井住友信託、株主総会議決権の未集計票は975社 

ビジネス

ANAとJAL、中国・広州線など一部再開 ビジネス

ワールド

中国の脱炭素化、今世紀の気温上昇0.3度抑制も=研

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 5

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

  • 6

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 7

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 8

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月