最新記事

日本企業

RIZAPグループ株式会社、今期1000億円企業へ。
グローバル戦略を本格化!

PR

2016年7月1日(金)10時00分

 「結果にコミットする。」のキャッチコピーと、ダイエットのビフォー・アフターを表わしたテレビCMでおなじみのパーソナルトレーニングジム「RIZAP」。2012年に第一号店をオープンし、快進撃が続く。その後も売上は倍々ゲームで成長を続けている国内店舗数は76まで拡大した。そのRIZAPを運営するRIZAP株式会社の親会社、健康コーポレーション株式会社は、6月20日の株主総会での承認を受け、持株会社制度に移行するとともに、7月1日より商号を「RIZAPグループ株式会社」へ社名変更することを発表。その社名変更に込めた代表取締役社長・瀬戸健氏の思いとは?これからのRIZAPについて取材した。


RIZAPグループ株式会社・代表取締役社長・瀬戸健氏


RIZAPの人気の秘密は、「結果にコミットする。」トレーナーの存在にある

 そもそもRIZAPはほかのトレーニングジムと何が違うのか。急成長の戦略について瀬戸氏は次のように語る。

「ダイエットビジネスは、社会に必要とされるサービスであることは、わが社が開発したダイエット食品『豆乳クッキーダイエット』が発売から4年で約100億円売れた実績からも確信しています。しかし、商品を提供するダイエットには、大きな課題があります。それは目標を達成する前にやめてしまう人が多いことです。このことはトレーニングで体を絞り込むプログラムでもよく見られるケースで、問題はひとりで行わなければいけない点。そこで考えられたのがRIZAPのサービスです。RIZAPがほかのパーソナルトレーニングジムと異なるのは、ゲストがプログラムをやり遂げ、3日坊主にならないようにトレーナーが寄り添い必ず結果を出すことにあります。もちろん科学と理論に基づき考案されたトレーニングや低糖質の食事メニューも重要ですが、RIZAPの最大のメソッドは、ゲストと信頼関係を築き、二人三脚でゲストの体質改善に臨むノウハウにあるのです」

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月