最新記事

検査キット

尿を垂らせば病気がわかる。スマホでお手軽尿検査キット

2016年5月31日(火)16時10分
山路達也

Stanford University School of Engineering-YouTube

<スタンフォード大学の研究チームが、家庭で使えるお手軽尿検査キットを開発した。黒い箱を組み立てて、スマホの専用アプリで検査紙の結果を読み取るだけ>

 健康診断には必ず尿検査があることからもわかるように、尿からは実にさまざまな健康に関する情報を得ることができる。尿中のタンパク質や糖、血球、pHなどを調べることで、腎臓や尿路、前立腺に関する病気のほか、糖尿病、肝臓疾患等々についてもかなりのことがわかるのだ。

 情報量が豊富で患者の負担も少ない尿検査だが、病院で検査してもらおうとすると時間もコストもかかる。手軽に使える尿検査キットも販売されているが、正確な結果を得るためにはきちんとした手順を踏む必要がある。残念ながら今のところは、患者が自分で行った尿検査の結果を、医師が信用してそのまま使うことはできない。

 患者が自分で手軽に行え、なおかつ医師の診断にも使える尿検査の方法はないものか? スタンフォード大学のAudrey (Ellerbee) Bowden准教授とGennifer Smith氏はこの問題を解決するポータブルデバイスを開発した。

 新たに開発されたデバイスでも、現在使われている標準的な検査キットを使うのは同じ。検査キットは10種類の検査紙から構成されており、それぞれに尿に反応して変色する薬品が染みこませてある。

 このデバイスのポイントは、誰が検査を行っても同じ条件になるように工夫されていることにある。

 条件の1つは照明だ。検査紙の変色を正しく判別できるよう、組み立て式のブラックボックスが付属している。

 2つ目の条件は、尿の量。検査に使う尿は多すぎても少なすぎてもダメだ。そこで、研究チームは、三層からなるシステムを開発した。この三層システムを通すことで、誰がやっても同じ量の尿が検査紙に垂らされることになる。

 3つ目の条件は、検査紙を読み取るタイミングだ。組み立てられたブラックボックスの上にスマホを載せることで、専用アプリが動画撮影を行い、検査紙の結果を読み取るようになっている。

giphy.gif

 今後、研究チームではスマホで読み取った結果を直接医師に送信するためのアプリを開発する予定だという。

 低価格で簡便な尿検査を実現できれば、1日の間に複数回の検査を行って、より精密な分析を行うこともできるだろう。また、医療インフラが整っていない地域の遠隔医療にも応用できそうだ。



関連ワード

ニュース速報

ビジネス

コロナ関連倒産の増加、雇用面の影響注意深く見ていく

ワールド

インドの新型コロナ感染者、20万人突破 ピークはか

ビジネス

働き方より柔軟に、社員分散も選択肢=野村グループC

ビジネス

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 7

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月