最新記事

検査キット

尿を垂らせば病気がわかる。スマホでお手軽尿検査キット

2016年5月31日(火)16時10分
山路達也

Stanford University School of Engineering-YouTube

<スタンフォード大学の研究チームが、家庭で使えるお手軽尿検査キットを開発した。黒い箱を組み立てて、スマホの専用アプリで検査紙の結果を読み取るだけ>

 健康診断には必ず尿検査があることからもわかるように、尿からは実にさまざまな健康に関する情報を得ることができる。尿中のタンパク質や糖、血球、pHなどを調べることで、腎臓や尿路、前立腺に関する病気のほか、糖尿病、肝臓疾患等々についてもかなりのことがわかるのだ。

 情報量が豊富で患者の負担も少ない尿検査だが、病院で検査してもらおうとすると時間もコストもかかる。手軽に使える尿検査キットも販売されているが、正確な結果を得るためにはきちんとした手順を踏む必要がある。残念ながら今のところは、患者が自分で行った尿検査の結果を、医師が信用してそのまま使うことはできない。

 患者が自分で手軽に行え、なおかつ医師の診断にも使える尿検査の方法はないものか? スタンフォード大学のAudrey (Ellerbee) Bowden准教授とGennifer Smith氏はこの問題を解決するポータブルデバイスを開発した。

 新たに開発されたデバイスでも、現在使われている標準的な検査キットを使うのは同じ。検査キットは10種類の検査紙から構成されており、それぞれに尿に反応して変色する薬品が染みこませてある。

 このデバイスのポイントは、誰が検査を行っても同じ条件になるように工夫されていることにある。

 条件の1つは照明だ。検査紙の変色を正しく判別できるよう、組み立て式のブラックボックスが付属している。

 2つ目の条件は、尿の量。検査に使う尿は多すぎても少なすぎてもダメだ。そこで、研究チームは、三層からなるシステムを開発した。この三層システムを通すことで、誰がやっても同じ量の尿が検査紙に垂らされることになる。

 3つ目の条件は、検査紙を読み取るタイミングだ。組み立てられたブラックボックスの上にスマホを載せることで、専用アプリが動画撮影を行い、検査紙の結果を読み取るようになっている。

giphy.gif

 今後、研究チームではスマホで読み取った結果を直接医師に送信するためのアプリを開発する予定だという。

 低価格で簡便な尿検査を実現できれば、1日の間に複数回の検査を行って、より精密な分析を行うこともできるだろう。また、医療インフラが整っていない地域の遠隔医療にも応用できそうだ。



MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 7

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月