最新記事

人権問題

難民収容所で問われるオーストラリアの人権感覚

ボートピープルの収容施設はナチスドイツ並み?劣悪な環境で精神を病む難民が出ているとの報告も

2016年3月18日(金)17時00分
アリソン・ジャクソン

ナチス並み? ナウルの移民収容所で起きている「児童虐待」を移民局に訴えるデモ(シドニー) Jarni BlakkarlyーREUTERS

 難民認定を求めて海を渡ってくるボートピープルの密航に悩まされるオーストラリア。最近は国内からのこんな批判にもさらされている。難民申請者は強制収容所に送られて拷問を受ける──こうした非難に対して、当局が示した強気の反論が思わぬ方向で炎上している。

 議論の発端はオーストラリアがナウルなど第三国に設置した難民収容所。入国しようとする外国人の一時移送先であるこの施設の環境をめぐって、「扇情的な言い掛かり」がつけられている......。「不正確」な「嘘」に対して、マイケル・ペズーロ移民局長が「事実関係を正す」として出した声明が逆に火に油を注いでしまった。

【参考記事】オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!

「難民収容所を『強制収容所』に例える主張がある。ナチスドイツであったとされる(ユダヤ人の)強制収容に対する一般市民の感覚の麻痺や無関心を示唆し、収容施設が『拷問』の場だとにおわせる主張だ。こうした主張は極めて不快で根拠がなく、明らかな誤りだ」

 移民局のウェブサイトに掲載されたこの声明が強烈な批判を巻き起こした。ナチスドイツで「あったとされる」という表現がナチスによる残虐行為を事実と認めていないというのだ。

【参考記事】「ナチス的」移民法は誰のせいなのか

 ツイッターでも当局への批判の声が噴出。「移民局に助言しよう。ナチスドイツという言葉の隣に『......とされる』を付けるのは不適切」「ホロコースト(大量虐殺)が『あったとされる』なんて、移民局はナチスの擁護者だ」。こうした投稿が相次ぎ、移民局は否定と釈明に追い込まれた。

収容所批判で刑事訴追?

 当局が強硬な反論を行った背景には、難民収容所をめぐる政府の決定に対する反発がある。乳児を含む難民申請者200人以上を太平洋の島国ナウルの難民収容所に送るというものだ。ペズーロは「子供を危険な場所に送ることは決してない」と主張。

 だが移民局の医療顧問は2月、収容所生活によって子供の精神面に「有害な」影響がもたらされると上院公聴会で証言している。

 オーストラリアはナウル島とパプアニューギニアのマヌス島に難民収容所を設置しているが、既に劣悪な環境で収容者が精神を病んでいるとの報告もある。

【参考記事】外国人に優しくない国ワースト5

 国連は収容者が過酷で非人道的な環境にあると指摘。オーストラリアの政治家からも、ナウルの収容所の環境は難民申請者にとって「適切でも安全でもない」との声も上がっている。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は2万3000円回復、グロース株先導で日経

ワールド

トルコとギリシャ、対話で解決目指す 地中海エネルギ

ワールド

ベトナムのコロナ感染再燃、今後10日が重大な時期=

ビジネス

豪AMP、特別配当と自社株買いで株主還元へ 部門株

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月