最新記事

中国社会

「農村=貧困」では本当の中国を理解できない

子供が貧困から自殺、親が出稼ぎでチンピラ化、土地収用で成金に、ECサイトで村ごと大儲け……知られざる多様な農村の姿

2016年2月19日(金)11時00分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

社会のひずみ 両親とも出稼ぎに出て取り残された「留守児童」は、保護者不在のなか近所の大人から性的暴行の被害を受けたり、あるいは勉強に身が入らず退学してチンピラに身をやつしたりと、大きな問題になっている REUTERS

 今や世界的な映画監督となった中国のチャン・イーモウだが、その初期作品は『紅いコーリャン』『菊豆(チュイトウ)』『あの子を探して』など農村を舞台にした作品が多い。貧しく、もの悲しい光景に胸を打たれた人も多いのではないか。

 中国農村は今、どうなっているのか。百年一日のごとく変わらぬ顔を持つ一方で、ステレオタイプのイメージとは異なる姿も存在する。

【参考記事】農民がショベルカーを「土砲」で攻撃する社会

都市住民の琴線に触れる「農村残酷物語」

 2016年2月8日の旧正月当日、あるネット掲示板のスレッドが爆発的な話題となった。書き込み主は上海人の女性。農村出身の男性とつきあっているが、結婚の前提となるマンション購入もしばらくは無理。両親も結婚に反対している。どうしようかと悩んでいたが、今年の旧正月は彼氏の実家を訪問することにした。

 すると驚くばかりの貧しさで、大みそかの食事ですら、とても食べられないようなひどいものだったと嘆いている。この書き込みに他のネットユーザーがあれやこれやコメントをつけていき、上海人の女性と会話している。最終的には「別れるんだったら気持ちを断ち切るためにすぐに帰れ」というアドバイスに従って、旧正月当日に彼氏の実家から立ち去った......という内容だ。

 地名などディティールがあやふやなことから、おそらく虚構の内容、いわゆる「釣り」の書き込みだった可能性が高いといわれているが、それでも人気を集めたのは中国人の琴線に触れる要素が盛り込まれていたからだ。

 その要素とは、第一に結婚難。中国都市部では結婚する前に男性側がマンションとマイカーをそろえることが条件と言われており、交際相手がいても収入的に結婚できないケースが少なくない。若者が自力でマンションを買うことは難しい。親が支援するしかないのだが、貧しい家庭の出身ではそれも無理だ。

 第二に上海人叩き。上海は中国で一番裕福な地方で、上海人はねたみもあってか他地域では嫌われていることが多い。横暴で傲慢、わがままというのが上海人のステレオタイプとなる。

 そして第三に農村の問題だ。発展から取り残された貧しい農民たちの生活に心を痛める人は少なくない。その象徴ともいえるのが昨年6月に貴州省畢節市で起きた事件だ。4人の子どもが農薬を飲んで死亡したのだが、母親が失踪し父親も新たな恋人を作って消えたなか、子どもたちだけで生活していたことが明らかになった。子どもたちは長男が13歳になった時にみなで一緒に死ぬと決めており、計画通りに実行したのだった。

 確かに中国の農村はさまざまな問題を抱えている。貧困から脱出できない地域も多いほか、両親が出稼ぎに行って取り残された「留守児童」の問題もある。親についていって都市部で生活できればいいのだが、中国では戸籍の移動は制限されており、公教育を受けるためには地元に残らざるを得ないという事情もある。

 また、両親が別々の地域に出稼ぎに行き、寂しさをまぎらわすために現地で不倫してしまって家庭が崩壊するのもよくある話。逆に、地元に取り残された子どもが近所の大人から性的暴行の被害を受けたり、あるいは勉強に身が入らずに退学、暴力団の手先のチンピラに身をやつしたりといった問題もある。

 さらに、若者が出稼ぎに出かけたため、農村に残っているのは老人と子どもだけという空洞化の問題もある。日本には「三ちゃん農業」(おじいちゃん、おばあちゃん、おかあちゃんだけで農業を担っている状態)という言葉があったが、中国はおかあちゃんも出稼ぎに行っているので、いわば「二ちゃん農業」の状態だ。

 ことほどさように中国農村には問題が山積みで、都市住民であっても心を痛めるテーマである。農村といえば貧困であり悲惨というイメージが、中国の都市住民の間にもしみついている。旅行で訪れた日本で農村を見ては、裕福で美しいじゃないかと驚くゆえんだ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月