最新記事

朝鮮半島

軍事境界線のクリスマスツリーに北が激怒

韓国では宗教行事だが、北朝鮮にとっては「心理戦の道具」

2014年12月3日(水)15時40分
エリオット・ハノン

祈りは通じる? 毎年クリスマスに電灯で飾られていた鉄塔。今年再建の予定 Jo Yong hak-Reuters

 家の庭に電灯をたくさんつけた巨大なクリスマスツリーを立てる時には、ご近所への配慮も必要だ。隣の家のクリスマスの電飾が窓からピカピカ見えたら、それこそ近所迷惑だ。そして隣の住人が「北朝鮮」である韓国では、この話はもうちょっとややこしくなる。

 今週、韓国国防省は、北朝鮮との軍事境界線の近くの丘の上に、キリスト教団体が高さ約9メートルのクリスマスツリーを設置することを許可した。まったく問題ないように思える。その大きさのツリーが、宇宙から見えることもない。

 ただ唯一の問題は、北朝鮮がクリスマスを嫌がっていること。ウォールストリート・ジャーナルによると、北朝鮮はこれまで「宗教を独裁的指導者への脅威とみなし、常に(境界線付近での)クリスマスツリーの設置に反対する声明を出してきた。ツリーを『心理戦の道具』と呼び、砲弾で攻撃すると韓国を脅した」

「ツリーの点灯は1971年に当初は宗教行事として始まった。ところが北朝鮮側からはきらびやかな電飾が見えるため、『心理戦の道具』とみなされた」と、韓国の聯合ニュースは報じている。

「2004年に南北が宣伝活動をやめることで合意するまで、鉄塔(当時は鉄塔をツリーに見立てて電灯をつけていた)は毎年クリスマスの時期に点灯された。その後は、共産主義国である北朝鮮を挑発しないようセレモニーはしばしば中断されたが、韓国海軍の哨戒艦『天安』が北朝鮮に撃沈された2010年以降、ツリーが復活した」

 昨年までツリーとして点灯された鉄塔は、老朽化を理由に今年10月に韓国軍に撤去されたため、キリスト教団体はその代わりのツリーを再建することにした。北朝鮮の指導部は今年の冬、どう反応するだろうか。

© 2014, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中