最新記事

メディア

規制強化で中国情報が漏れてこなくなる?

政府が中国人ジャーナリストに対し外国メディアに情報を渡すなと警告

2014年7月15日(火)15時59分
マット・スキヤベンザ

報道の自由は… 検閲に抗議して新聞を燃やす人たち Tyrone Siu-Reuters

 中国政府は中国人ジャーナリストに対し、外国メディア(あるいは自分の雇用主ではない国内メディア)に情報を渡さないようにと警告を発した。

 中国のメディアを規制する国家ラジオ映画テレビ総局が出したこのお達しは、中国人ジャーナリストは雇用主の許可なしにオンライン記事を書いてはならないと、昨年4月に発布した禁止令に続くものだ。

 今回の新規制は国内ジャーナリストに向けたものではあるが、共産党政権が外国メディアのコントロールに躍起になっている証しだ。12年にニューヨーク・タイムズ紙とブルームバーグがそれぞれ、当時の温家宝(ウエン・チアパオ)首相と習近平(シー・チンピン)国家副主席の財産について調査報道をすると、共産党はこの2つのメディアのサイトにアクセスできないようブロック。さらに記者たちのビザにも制限をかけた。

 中国人ジャーナリストに対する規制の数々は、外国人ジャーナリストが情報を集めにくくなることも意味する。中国国内のメディアが厳しく検閲されるなか、記者たちは規制されていない外国メディアに有力な情報を託しているからだ。

「中国メディアでは掲載できないようなニュースを報じられるのが、外国メディアの強みだ」と、中国の有名なビジネス誌、財新の元記者ビンセント・ナイは言う。「多くの海外記事のヒントは、有能なのに(記事が書けずに)不満がたまった中国人記者からきている」

 中国人ジャーナリストたちは、脅しや拘束されるリスクを常に抱えながら仕事をしている。中国で最もリベラルな週刊紙として知られる南方週末の記者たちは、秘密の収容施設、つまり闇監獄の存在を暴いて刑務所に入れられた。

 外国人ジャーナリストの下でアシスタントとして働く中国人たちも脅迫や嫌がらせを受けている。ニューヨーク・タイムズのアシスタントで、詐欺の容疑で2年の禁固刑を受けた中国人もいる(彼の支持者たちはこの罪状はでっち上げだと主張)。

ニュース速報

ビジネス

原油消費国、需要支援で購入表明も=IEA事務局長

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る日本政府の対応

ワールド

国連安保理、新型コロナで初会合 具体策で合意できず

ビジネス

3月の中国PPIは前年比-1.5%、CPIは前年比

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月