最新記事

英雄

マララの国連演説にタリバンの遠ぼえ

世界で喝采されるパキスタンの若き人権活動家に武装勢力の幹部が送り付けた公開書簡の中身

2013年8月2日(金)11時27分
ジョナサン・デハート

勇気 堂々としたマララの演説には多くの称賛が贈られた Brendan McDermid-Reuters

 昨年10月、パキスタン北西部でイスラム武装勢力のパキスタン・タリバン運動(TTP)に銃撃された少女マララ・ユサフザイ。頭部に重傷を負いながら見事に回復し、16歳の誕生日の今月12日にニューヨークの国連本部で演説を行った。

 世界各国から集まった少年少女500人以上が見守るなか、マララは「テロリストは私の志を断とうとしたが、逆に私の人生から恐れや絶望感が消え、力と勇気が生まれた」と語った。そしてすべての人たち、特に「タリバンやテロリスト、過激派勢力の子供たち」にとって教育が重要だと訴えた。

 演説の後、意外な人物から反応があった。TTPの幹部アドナン・ラシードが、彼女に宛てた公開書簡を地元メディアに送ったのだ。文面からは、武装勢力内にマララ襲撃事件の動揺が走っている様子がうかがえる。

 ラシードはタリバンの代表としてではなく、「個人の立場」で自らが抱く問題意識や警戒心を書き連ねている。襲撃は「あなたが学校に通っていたからでも、教育を望むからでもなかった」と主張し、あんな事件は「起きてほしくなかった」と、心境を吐露する箇所もあった。

 ラシードはたどたどしい英語で、タリバンもイスラム戦士も、いかなる男女や子供の教育に反対しないと主張する。その上で、「あなたが挑発的な文章を書き、スワト渓谷でイスラム体制を築くわれわれの努力を阻む中傷作戦を展開中だと、タリバンは考えている」ことを肝に銘じてほしいとつづっている。

「マララは故郷に戻れ」

 彼は獄中で見たテレビで、マララの活動を初めて知った。同じパシュトゥン人のユサフザイ部族ゆえに、「親身な」気持ちで忠告する必要性を感じていたという。銃撃事件が起きたときには「早く助言しておけばよかった」と思ったらしい。

 一方で襲撃の道義上の是非には言及せず、判断は「全能の神アラーに委ねよう」と逃げる。かと思うと、世界がユダヤ人や秘密結社のフリーメーソンに支配されると指摘し、70年代にキッシンジャー米国務長官がポリオワクチンによる「不妊化」で世界人口の8割減少を企てたという陰謀論まで飛び出す。

 自分たちの暴挙を正当化するのも忘れない。タリバンが教育施設を爆破するのは、パキスタン軍が基地代わりに使うからだと説明。マララが米CIAの無人機作戦の犠牲になったら、今のように注目されることもなかったのではないかと、彼女に質問を投げ掛けた。

 銃撃事件の核心となる教育問題では、19世紀の英政治家マコーリー卿を引き合いに出す。彼はイギリス統治下のインドに自分たちの教育制度を押し付け、「外見はインド人だが中身はイギリス人で、われわれの通訳となってくれるような人材を育てる」ことを目指したと批判。マララに対して、「故郷に戻り、イスラムとパシュトゥンの文化を身に付けイスラムの女子校に入る」ことを提案した。

 公開書簡には、西洋文化に支配されることへの恐れがあふれている。タリバンから見れば、マララは「マコーリー卿の子」であり、文明間の対立で間違った側に立っている。

 国連の世界教育特使を務めるブラウン英前首相は、「彼女のおかげでタリバンは完全に守勢に立った」と感想を述べた。

 ラシードの書簡から分かるのは、マララの勇気ある行動が効果を出しているということだろう。ブラウンはこうも語った。「女子教育のためにマララと活動を共にしてきた大勢の人が、タリバンに影響を与えていることが明らかになった」

[2013年7月30日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 7
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 10
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中