最新記事

生命倫理

ベルギーの双子が安楽死を選んだ理由

双子の兄弟が命には関わらない障害を苦に安楽死したことで、自殺ほう助ではないかと議論が再燃

2013年1月15日(火)16時58分
ファイン・グリーンウッド

最期のとき 2人は薬物注射を受けて一緒に亡くなった Bigstock

 生まれつき耳が聞こえなかったベルギーの45歳の双子の兄弟が、昨年12月に安楽死を選択していた。
 
 兄弟が同時に自殺ほう助による死を選んだ最初のケースだ。さらに2人とも極度の痛みに苦しんでいたわけでも末期患者でもなかったため、ヨーロッパでは安楽死の是非について議論が再燃している。

 聴覚障害のあった双子、マークとエディー・バーベッセムは、病で視力も失うことが分かってから安楽死を依頼できる医師を探し始めた。お互いの顔を見られなくなってしまうことが耐えられなかったからだという。

 彼らの願いに手を貸した医師デビッド・デュフールによれば、2人は穏やかな最期を迎えたという。「コーヒーを飲みながら両親やきょうだいと最後の会話を交わしていた。その別れはとても平穏で美しかった。2人は最後に小さく手を振ってさよならをした」と、デュフールはドイツの地元メディアに語った。
 
 ヨーロッパではベルギーのほかにスイス、オランダ、ルクセンブルクで安楽死が認められている。一方、イギリス政府は安楽死と自殺ほう助を法的に異なるものと定義。安楽死は「苦しみを取り除いてあげるために人の命を故意に終わらせる行為」であり、自殺ほう助は「自殺を図ろうとしている人を故意に助けたり促そうとする行為」だという。

 ベルギーでは02年、成人で判断能力がある場合に限るなど特定条件の下で、安楽死が合法化された。さらに昨年12月には社会党政権が認知症患者や子供にも安楽死を認めるという改正案を提出し、物議を醸している。改正の目的について同党は「耐え難い苦痛を伴っているケースなどに、より柔軟に対応できるようにするため」としている。

 ベルギーでは2011年に1113人が安楽死を選択。うち91%は「死期が近い」と診断された患者だった。


From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発で寄り付く、エヌビディア決算受け半導

ビジネス

米オープンAI、ニューズ・コープとコンテンツ契約

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中