最新記事

中国社会

またも党幹部を直撃したフェラーリ・スキャンダル

指導部交代を前に次々と党幹部の不正が発覚。国民の不満は爆発寸前

2012年10月30日(火)14時52分
メリンダ・リウ(北京支局長)

権力闘争? 最近では温家宝首相の不正蓄財疑惑も飛び出した Jason Lee-Reuters

 3月18日の夜明け前、北京の高速環状道路「四環路」を猛スピードで飛ばしていた黒のフェラーリが派手な事故を起こした。乗っていた若い男性が死亡し、裸同然の若い女性2人が重傷を負った。

 警察はドライバーの素性の公表を拒んだが、やがて運転していたのは胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の側近である令計画(リン・チーホア)の息子、令谷(リン・クー、23)だったと報じられた。このニュースが流れると、当局はミニブログサイトから事故現場の写真を削除。「フェラーリ」「プリンス令」「カーセックス」といったキーワードによるネット検索を遮断した。

 事故から6カ月近くたった今、10年に1度の中国共産党の指導部交代を前に、「フェラーリ事件」が再び注目を集めている。

 今月初め、令計画が中央弁公庁主任(胡の首席補佐官のような役職)という要職から、格下の中央統一戦線工作部長に降格させられたと中国メディアが報じた。令は10月半ばに開幕予定の共産党大会で党中央政治局入りすることを熱望していたとされるが、その可能性はほぼ断たれたといえる。

 この左遷人事をきっかけに、3月のフェラーリ事故に再度関心が集まり、中国のネットユーザーの間で富裕・特権階級への怒りが高まり始めている。

 今年に入って、フェラーリ騒動に巻き込まれた中国高官は令が2人目だ。1人目は、10月の党大会で最高指導部入りが有力視されていながら、春に失脚した前重慶市トップの薄熙来(ボー・シーライ)。失脚前に、息子の薄瓜瓜(ボー・クワクワ)が当時の駐中国米大使ジョン・ハンツマンの娘を赤いフェラーリに乗せて出掛けたことがあると、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた(当時、薄父子はそろって報道を否定)。

 2つのフェラーリ事件は、中国で大きな反響を呼んだ。この国では貧富の格差が拡大するに伴い、党幹部の子供たちが莫大な権力と富を手にしていることへの反発が広がっている。

 フェラーリには、庶民には手が届かない自由と富と地位の象徴というイメージが定着した。何しろ、令谷が運転していた黒の「フェラーリ458スパイダー」の価格は、推定で100万ドル相当とされている。

 もっとも、相次ぐ騒動はフェラーリの売り上げに打撃を与えていない。むしろこの1年間で中国でのフェラーリの売り上げは62%も伸びている。

[2012年9月19日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

海外アクティビスト厳格に監視を、東芝の重要性を理解

ビジネス

アングル:J&Jコロナワクチン、欧州で「脇役」にな

ワールド

南太平洋のナウル、中国企業排除で新たな海底ケーブル

ビジネス

在り方懇の次の会議体に関する枠組みは白紙=財務省幹

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクスルー

  • 2

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月