最新記事

オペラ

世界を挑発する派手好きディーバ

2011年12月28日(水)13時22分
ピーター・ポメランツェフ(英テレビプロデューサー)

当初はミュージカル志望

 ウィーンとニューヨークとサンクトペテルブルクに自宅を持ち、年60回の公演をこなすネトレプコは、世界中を飛び回っている。3歳の息子ティアゴをできるだけ同伴し、パートナーであるウルグアイ生まれのバリトン歌手アーウィン・シュロットと一緒の時間もつくっている。シュロットも映画俳優のようなルックスで、女たらしのドン・ジョバンニがはまり役だ。

 ネトレプコはオペラ歌手を目指していたわけではない。「オペラの勉強を始めたのは、女優より競争が激しくなかったから。本当はモスクワで活躍するミュージカル俳優になりたかった」

 だが地方出身の彼女が、モスクワのエリート演劇学校に入れる可能性はほとんどなかった。「有力なコネか、先生か監督の特別な理解がないと無理!」

「特別な理解?」

「彼らと寝るってことよ!」

 ロシア人が聞けば、ネトレプコが地方出身であることはすぐに分かる。彼女のロシア語は南部のクラスノダール地方のなまりが丸出し。大都市ではジョークのネタになるほどで、ネトレプコもサンクトペテルブルクでの学生時代にからかわれた。

 ネトレプコの性格、好み、そして声も、クラスノダールで培われたものだ。そこは雪に覆われた暗い土地というロシアのイメージとは全然違う。

 名産品はエメラルド色と朱色の派手なショール。北部ではキャベツのおかゆみたいなボルシチも、クラスノダールではガチョウ肉と甘いトマトが入った真っ赤なスープになる。「私はクラスノダール人だから、カラフルなものやゴージャスな衣装が大好き。派手なほどいい」

 クラスノダールはワインの産地でもある。ネトレプコは地質学者の父が営むワイン園で甘いワインをすすり、木登りをし、ボリウッド映画を見て育った。アルプスのホテルのテラスで、彼女は胸の前で手を合わせると、首を左右に揺らしてボリウッド映画をまねてみせた。

ロシアの反応は冷ややか

 ゴージャスな美人が多いことで知られるロシアでも、クラスノダールは最高峰だ。アルメニア人、ユダヤ人、アディゲ人、ロマ人、スラブ人が殺戮と性交の果てにソフィア・ローレン似の女たちを生み出してきた。ネトレプコ並みの美人はざらだ。「クラスノダールでは私なんか見向きもされなかった。地元の男たちの好みじゃないから」

 クラスノダールはロシアが辛うじて黒海に接する場所に位置する。つまり憧れの地中海への入り口で、これもドイツ人がネトレプコを崇拝する一因になっている。ゲーテの『イタリア紀行』以来、ドイツ語圏の人々は栗色の髪の女が住むイタリアに恋い焦がれてきた。ネトレプコはイタリア人の代わり、それもドイツ語圏で暮らしてくれるイタリア人なのだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米マッサージ店連続銃撃事件、検察は憎悪犯罪と主張 

ビジネス

中国財政省など規制当局、不動産税の改革・試験導入巡

ビジネス

上海証取、韓国取引所とETF相互取引導入で合意

ビジネス

東芝の取締役会、UBSを財務アドバイザーに任命へ=

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレーも開会式も要らない

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇…

  • 6

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    ビル・ゲイツ離婚で長者番付はどうなる? 1295億ド…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月