最新記事

被災者

瓦礫の跡に残る見えない苦悩

危機的状況を脱し、復興が着実に進んでいるように見えるが現実は何一つ変わらず、知られざる「カネ不足」が地元を追い詰めている

2011年12月27日(火)17時43分
山田敏弘、藤田岳人(本誌記者)

出口を探して すべてを失った被災地の経済再生を阻むものは(2011年3月22日、宮城県気仙沼市) Issei Kato-Reuters

 宮城県塩釜市にある佐長商店は、3代にわたって地元名物の笹かまぼこを作ってきた。自社工場での製造だけでなく、隣接する店舗で販売もしていたこの水産加工会社は、小さいながらも大手メーカーとの競争や不況に負けず、堅実に事業を成長させてきた。

 あらゆる企業努力を惜しまず、バス観光のツアーを誘致して製造工程の見学会を開き、ホテルの手配までした。味にも自信があった。大手メーカーと違って販路が限定されているため、「物の良さで勝負してきたし、味を気に入ってリピーターになってくれるお客さんもいた」と、社長は言う。おかげで業績は順調で、来年から息子が4代目として店を継ぐことになっていた。未来は希望に満ちていた。

 だが、3月11日にすべてが変わった。この周辺地域は三陸海岸沿いの被災地とは違って広い地域には被害が出なかったが、防波堤の形状のせいか、佐長商店のある一角だけが津波の通り道となり大きな被害を受けた。

 残されたのは過酷な現実だった。工場の機械は海水にのまれて完全に破壊され、店舗も全壊した。機械を新しく買い替えるだけでも1億円以上が必要になる。それなのに、行政などからの援助は一切受けられなかった。「これだけの費用を支援なしに賄うのは無理。どうすればよいのかまったく分からない」と、社長は途方に暮れる。

 3・11から半年がたち、被災地に関する話題や視点も、緊急時の対応から今後の社会生活や地域経済の復興へと移りつつある。被災者の仮設住宅への入居が急がれ、生活再建のためのさまざまな支援が行われている。

 だが被災地の話題が復興へと移るにつれ、非・被災地では3・11への関心は低下している。多くの人にとって既に震災は対岸の火事でしかない。被災者が仮設住宅に移り始めたことで、「後は自分たちで頑張ればいい」という意識が被災者以外に広がりつつあるようにも見える。

 ただ仮設住宅への入居だけでは復興は進まない。実際に被災者の口から聞こえてくるのは、前向きな言葉ばかりではない。むしろ多くの人は今後の生活の見通しがまったく立たず、元の暮らしを取り戻そうとする気力や意欲を持てなくなっている。

 被災者たちのやる気と希望、そして地域復興への気力をそぐ最大の障壁は何か。それは仮設住宅建設や瓦礫処理の遅れではなく、カネだ。人々の生活や経済の「血液」であるカネが十分に回っていないことだ。

 地方経済を担う中小企業や個人事業者の再建ができず、雇用も回復しない。被災者は安心して暮らすための元手となる収入を確保できないので消費も伸びず、結果的に企業経営がさらに苦しくなる──という悪循環に被災地は陥っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中