最新記事

中国

チベット焼身自殺が招いた学内集団襲撃

チベット人と漢民族の亀裂が深まるなか、四川省ではキャンパス内でも流血の襲撃事件が発生

2011年12月19日(月)16時01分
エミリー・ロディッシュ

捨て身の抗議 四川省では中国政府の圧政に抗議する僧侶や尼僧の焼身自殺が多発(11月3日) Students For A Free Tibet via Reuters TV-Reuters

 まさに今の中国を象徴するような事件が発生した。先週、四川省成都市の成都鉄道工程学校で、漢民族の学生グループが学内のチベット人学生たちを集団襲撃したのだ。

 攻撃に加わった漢民族の学生が書いたとみられるブログによれば、漢民族側の参加者は総勢約3000人。彼らは14日の夜にチベット人の学生寮を取り囲み、およそ200人のチベット人学生を襲撃した。

 彼らのスローガンは「チベット人をぶちのめして単位を稼ごう」。ブログにはこう書かれている。


 攻撃はひと晩中続いた。チベット人の寮は破壊され、ドアや窓も粉々になった。チベット人学生の教室もめちゃめちゃだ。ボコボコにされて病院送りになった生徒もいた。


 アメリカに拠点を置く中国関連のニュースサイト「チャイナ・デジタル・タイムズ」は、このブログの完訳を掲載している(しかしその後、元ネタのブログは非公開になった)。チベット関連の話題を発信するブログ「インビジブル・チベット」には、攻撃の様子を撮影した写真も掲載された。

学生同士の根深い憎悪

 今回の事件は、チベット問題をめぐって中国国内で緊張が高まるなか発生した。今年に入って、中国政府の圧政に抗議するチベット仏教の僧侶らの焼身自殺が多発。死亡した計12人のうち、ほとんどが今回の事件が起きた四川省で命を絶っている。

 襲撃のきっかけが何だったのかは明らかになっていないが、双方の憎しみが根深いことははっきりと見て取れる。中国はこれまでもずっと、チベット人の分離独立運動を恐れてきた。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、独立ではなく自治権を求めると、繰り返し訴えてきたにも関わらずだ。

 前述のブログは、今回の襲撃はより大きな戦いの一部に過ぎないとしながらも、漢民族の学生にとっては「重要な勝利」だったと謳い上げた。


 成都鉄道工程学校の漢民族とチベット人の学生は、激しく憎しみあっている。数百人いるチベット人学生はとんでもなく高慢だ。昨夜は漢民族の学生にとって大きな勝利となった。学校側はチベット人学生全員を拘束したし、もちろんその中には袋叩きに遭った学生もたくさんいたからだ。


 学校側はこれまで、校内の秩序を守ろうと努力しながらも失敗を繰り返してきた。襲撃事件後は、キャンパスを出入りする学生を厳しく取り締まっている。それでも事件翌日の15日には、校内のカフェテリアで再び漢民族とチベット人の学生同士のいさかいが起こった。

 ブログには、今後も衝突は続くだろうと書かれている。


 今夜も戦いで眠れない夜になりそうだ。漢民族の学生は最強だ! 制服を着て、チベット人をぶちのめせ。そして単位を稼ごう!


GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中