最新記事

中国

チベット焼身自殺が招いた学内集団襲撃

チベット人と漢民族の亀裂が深まるなか、四川省ではキャンパス内でも流血の襲撃事件が発生

2011年12月19日(月)16時01分
エミリー・ロディッシュ

捨て身の抗議 四川省では中国政府の圧政に抗議する僧侶や尼僧の焼身自殺が多発(11月3日) Students For A Free Tibet via Reuters TV-Reuters

 まさに今の中国を象徴するような事件が発生した。先週、四川省成都市の成都鉄道工程学校で、漢民族の学生グループが学内のチベット人学生たちを集団襲撃したのだ。

 攻撃に加わった漢民族の学生が書いたとみられるブログによれば、漢民族側の参加者は総勢約3000人。彼らは14日の夜にチベット人の学生寮を取り囲み、およそ200人のチベット人学生を襲撃した。

 彼らのスローガンは「チベット人をぶちのめして単位を稼ごう」。ブログにはこう書かれている。


 攻撃はひと晩中続いた。チベット人の寮は破壊され、ドアや窓も粉々になった。チベット人学生の教室もめちゃめちゃだ。ボコボコにされて病院送りになった生徒もいた。


 アメリカに拠点を置く中国関連のニュースサイト「チャイナ・デジタル・タイムズ」は、このブログの完訳を掲載している(しかしその後、元ネタのブログは非公開になった)。チベット関連の話題を発信するブログ「インビジブル・チベット」には、攻撃の様子を撮影した写真も掲載された。

学生同士の根深い憎悪

 今回の事件は、チベット問題をめぐって中国国内で緊張が高まるなか発生した。今年に入って、中国政府の圧政に抗議するチベット仏教の僧侶らの焼身自殺が多発。死亡した計12人のうち、ほとんどが今回の事件が起きた四川省で命を絶っている。

 襲撃のきっかけが何だったのかは明らかになっていないが、双方の憎しみが根深いことははっきりと見て取れる。中国はこれまでもずっと、チベット人の分離独立運動を恐れてきた。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、独立ではなく自治権を求めると、繰り返し訴えてきたにも関わらずだ。

 前述のブログは、今回の襲撃はより大きな戦いの一部に過ぎないとしながらも、漢民族の学生にとっては「重要な勝利」だったと謳い上げた。


 成都鉄道工程学校の漢民族とチベット人の学生は、激しく憎しみあっている。数百人いるチベット人学生はとんでもなく高慢だ。昨夜は漢民族の学生にとって大きな勝利となった。学校側はチベット人学生全員を拘束したし、もちろんその中には袋叩きに遭った学生もたくさんいたからだ。


 学校側はこれまで、校内の秩序を守ろうと努力しながらも失敗を繰り返してきた。襲撃事件後は、キャンパスを出入りする学生を厳しく取り締まっている。それでも事件翌日の15日には、校内のカフェテリアで再び漢民族とチベット人の学生同士のいさかいが起こった。

 ブログには、今後も衝突は続くだろうと書かれている。


 今夜も戦いで眠れない夜になりそうだ。漢民族の学生は最強だ! 制服を着て、チベット人をぶちのめせ。そして単位を稼ごう!


GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

独VWのウィッターCFO、来年夏に退任へ=経済誌

ビジネス

中国新規融資、1月は3.34兆元 過去最高更新

ワールド

現時点でイベントなどの一律の自粛要請はしない=加藤

ビジネス

能天気に景気回復としているわけでない=西村経済再生

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 9

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月