最新記事

リビア

カダフィ政権崩壊のカギを握る男

イギリスに亡命したムーサ・クーサ外相の聴取が始まった。情報機関のトップを長年務めた重鎮が握る「キケンな情報」と、亡命後に資産凍結を解除したアメリカの思惑

2011年4月11日(月)17時57分

情報源 イギリスに亡命したクーサ外相は過去のテロ行為の真相を明かすか Chris Helgren-Reuters

 カダフィ政権と反政府勢力の攻防が続くリビアでは今も、政府軍が西部の町ミスラタを包囲して、市民を巻き込んだ攻撃を続けている。そんな中、イギリスの検察当局は先週、リビア政府の内情を知り尽くす男の聴取を開始した。3月末にイギリスに亡命したリビアのムーサ・クーサ外相だ。
 
 クーサは長年、リビアの情報機関のトップを務めた人物。1988年にスコットランド上空でパンナム機が爆発し、270人が死亡したパンナム機爆破テロ事件の首謀者とも言われる。

 欧州各地でのテロ活動で、カダフィ大佐が果たした役割について「衝撃的な情報」を握っているとされ、84年に駐英リビア大使館からの狙撃によってイギリス人女性警官が死亡した事件に関する情報も保有していると期待される。

「クーサの外相辞任は、すでに造反者が出始めているカダフィ政権が、内部からの圧力で崩れかけていることを示している」と、ウィリアム・ハーグ英外相は記者団に語った。「カダフィは次に自分を裏切るのは誰か、自問しているだろう」

リビア政府閣僚へのメッセージ

 カダフィの次男で後継者と目されるセイフ・アル・イスラム・カダフィはBBCとのインタビューで、クーサがテロに関する重大な情報をもっているとの説を否定。さらに、クーサの渡英は医療行為を受けるためだとして、亡命の事実も否定した。

 英検察当局は、聴取内容の詳細を公開する予定はないとしている。イギリス政府は、捜査当局の聴取に応じるようクーサに働きかけたものの、協力の見返りに訴追を免除する予定はないとしている。クーサがテロ行為に関与した容疑で裁かれる可能性もある。

 パンナム機爆破事件で犠牲となった遺族らは、クーサの亡命に激怒している。事件で夫マイケルを亡くしたステファニー・バーンスタインは、イギリスのニュース専門チャネル、スカイニュースの取材に応じ、「彼の罪が見逃されるのではないかと懸念している。彼は死ぬまで身の危険に怯えながら、惨めで悲惨な人生を送るべきだ」と語った。クーサ亡命のニュースを聞いて「笑うべきなのか泣くべきなのか、あるいはヘドを吐きそうな気分になるべきなのか。『赤ずきん』の狼のような男が突然、菜食主義者になるはずがない」

 しかしニューヨーク・タイムズ紙によれば、アメリカは4月4日、クーサに課していた資産凍結などの経済制裁を解除。他のリビア高官に対し、カダフィ政権を見限るよう促す効果を狙ったものだ。「リビア政府の閣僚らに制裁を科した目的の一つは、カダフィ及び同政権から離脱するという正しい決断を促すためだ」と、デービッド・コーエン米財務次官代理(テロ・金融情報担当)は声明で明かした。

ミスラタの市街戦で子供が狙撃手の標的に

 一方、リビアでは4月8日、政府軍が西部の町ミスラタの東部地区に侵攻し、反政府勢力と市街戦を繰り広げた。国連は食糧や水が不足し、多くの死者が出ている状況に警鐘を鳴らしている。AP通信によれば、「ミスラタで狙撃手に狙われた市民の中には、子供まで含まれていたという情報がある」と、国連のマリクシー・メルカド広報官が記者団に語ったという。

 国連の潘基文(バン・キムン)事務総長も、反体制派の拠点であるミスラタやジンタン、東部の前線ブレガなどにおける人道危機に懸念を募らせている。「重火器を使った攻撃が行われているとされるミスラタの状況はとりわけ深刻だ。激しい砲撃が数週間も続いているため、市民は身動きが取れず、水や食料、医薬品なども受け取れない」と、潘のスポークスマンは語った。

 こうした状況を受けて、国連の人権問題担当者らは8日、近日中にリビアを訪れ、政府軍と反政府勢力双方の調査に乗り出すと発表した。調査隊を率いる戦犯問題の専門家チェリフ・バシオウニは、「リビアの西部と東部どちらにも行く予定だ」と語った。「公正中立で独立した調査を行う。(4月)10日にジュネーブを発ち、今月末までに戻るつもりだ」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中