最新記事

戦争後遺症

忘れられた戦争の忘れられた犠牲者

20年前の第1次湾岸戦争に従軍したイギリス人技術者の腎臓障害は、劣化ウラン弾が原因なのか

2011年3月9日(水)14時16分
末盛亮(フォトグラファー・ライター)

終わりなき戦い コナリーが20年間味わってきた苦痛を知る人は少ない Akira Suemori

 繰り返しですっかり膨れ上がった静脈に、そっと針を刺す。手伝ってくれる人はいない。ロンドン南西部の公営福祉住宅に住むポール・コナリー(48)の朝は週半分以上、こうして始まる。

 週4日、1日4時間かけての人工透析が文字通りコナリーの生命線だ。以前は週3回地元の病院に通っていが、移転で自宅から離れたため、講習を受けて自分で透析することに決めた。毎回、透析特有の寒さや体のかゆみに悩まされるが、やめることはできない。部屋に貼ったカレンダーは、透析のほか医師の診察、医療機器のメンテナンスといった予定で埋められている。

 サッカーチームでプレーするほど健康だったコナリーの生活が一変したのは、民間技術者として、湾岸戦争に参加したイギリス軍に従軍した20年前のこと。90年10月から91年5月まで湾岸地域に滞在し、うち3週間はイラク南部で過ごした。「死のハイウェイ」と呼ばれ、敗走するイラク軍が激しい攻撃にさらされたバスラ・ロードがある地域だ。

 戦場でコナリーは兵器用コンピューターの周辺機器を保守・管理していた。帰国した際には「生きている喜び」を噛み締めたが、それも長くは続かなかった。体が異様に疲れやすくなっているのに気付き、原因不明の頭痛に悩まされ始めたからだ。

 医師から血圧が高いと指摘され、病院で詳しい検査をしたところ、腎臓の機能に問題が見つかった。帰国後5年ほどで健康、仕事、恋人、そして自宅を失う。ホームレスになり、手を差しのべてくれた姉宅に身を寄せた。腎臓移植手術も受けたが、移植された腎臓は機能せず、人工透析が欠かせなくなった。


湾岸戦争で受けた勲章が飾られている

名誉のメダル 湾岸戦争で受けた勲章が飾られている  Akira Suemori


民間人には恩給が認められない

 湾岸戦争では、装甲板を貫通する劣化ウラン弾が使用された。着弾・貫通する時に燃焼し酸化ウランが飛散するとされ、これが湾岸帰還兵らの健康被害の一因ではないかと指摘されている。コナリー自身も、劣化ウラン弾の使われた地域の汚染された空気にさらされたのではと感じている。現在のイギリスには健康被害を訴える湾岸帰還兵が数千人いるとされ、軍人恩給の申請が認められるケースもある。

 しかし民間人のコナリーにはその資格がない。地元の国会議員を通じてイギリス政府に援助を求めたが、「回答すべきケースではない」という答えしか返って来なかった。同じ立場で健康被害を訴える民間人は十数人いたが、恩給が認められる見通しが立たないため、全員活動を止めてしまった。今では音信不通だ。

 従軍前、コナリーはかけられる適当な保険を探したが該当するものがなかった。当時所属していた会社の上司から問い合わせを受けた国防省の担当者は「こちらで面倒をみる」と、答えたという。

「(湾岸戦争を病気の因果関係を認めてもらうために)何年も戦ってきたが、何にもならなかった」。コナリーは会話中、左耳を傾けて聞くことが多い。耳感染症で右耳の鼓膜が破れ、左耳でしか聞こえないからだ。免疫機能が落ちているせいだ、とコナリーは考えている。昨年は肥大した副甲状腺の摘出手術を受けた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中