最新記事

中東

フェースブック解禁、シリアの真意

中東でもとりわけ閉鎖的とされる国が、今あえてネット規制解除に踏み切ったのはなぜか

2011年2月14日(月)17時13分
サークル・アル・マカディ(シリア)

余裕たっぷり? 高い支持率を誇るアサド大統領にとってはエジプトの騒乱も対岸の火事か(写真は07年の再選時の首都ダマスカスの様子) Khaled al-Hariri-Reuters

 チュニジアで独裁政権が倒され、エジプトでもムバラク政権が崩壊した激動の中東で先週、シリアが思いがけない行動に出た。国民のインターネットアクセスを制限する規制の多くを解除したのだ。

 シリアはこれまで、国境なき記者団に「インターネットの敵」と評されるほど厳しいウェブ閲覧制限を課してきた。フェースブックもユーチューブもアラビア語版ウィキペディアも閲覧を禁じられ、アクセスできないブログも多かった。

 大半のネットカフェではアクセス制限を回避するための中継サーバを設定しているが、シリア在住のブロガー、アナス・クティエシュに言わせればウェブ環境は耐えがたいレベルだ。「毎日フラストレーションでいっぱい」と、クティエシュは言う。「(中継サーバも)100%確実ではないし、ただでさえ遅い通信速度がさらに遅くなる。いまだにダイヤルアップ接続を使っている大多数のシリア人にとっては、迂回ツールを使って大容量のマスコミサイトにアクセスするなんて不可能に近い」

エジプト危機の前に規制解除を決めた?

 チュニジアやエジプトの情勢を受け、シリア政府はネット規制をさらに強化するだろう、というのが大方の予想だった。ところが実際は正反対。「シリア政府を批判する者への明確な挑戦状だ」と、シリアの政治経済ニュースを扱うシリアコメント・ドットコムの創設者ジョシュア・ランディスは言う。
 
 仮にこれがシリアのイメージ戦略の一環だとしたら、リスクの高い賭けだ。2月4、5日にはフェースブックを通じた呼びかけで、国会前での抗議デモが計画されたばかりだ(結局は不発に終わったが)。

「フェースブックの使用を許可する決定が下されたのは、エジプトのデモ勃発以前だった可能性がある」と、ランディスは言う。「いったんはフェースブックが利用できるようになったが、その数日後に方針が撤回されたようだ。チュニジアとエジプトの騒乱を見て、当局が不安を抱いたのだろう。しかしその後、(反体制派が企画した)デモが起きなかったので、政府は当初の方針通り、フェースブックの利用を認めることにしたのだろう」

 シリアは中東でもとりわけ閉鎖的な国と評されるが、実際は宗教的にも社会的にもリベラルな世俗国家で、国家元首の人気も高い。バシャル・アサド大統領は、亡くなった父親の後を継いで、2000年に34歳の若さで大統領に就任。ピュー・リサーチセンターが09年に行った世論調査では、中東の国家元首で最も国民の人気が高かった。

「大統領がダマスカス市内のレストランに突然現れたり、ボディーガードなしでパリの街を歩いたり、自分で車を運転して出かけたりするのは、彼が国民を恐れておらず、国民に慕われていると示すためだ」と、ランディスは指摘する。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、共和党全国大会の開催地変更も 社会的距

ワールド

豪首相、コロナ景気対策「いずれ脱却する必要」

ビジネス

欧州、銀行保全で連携する必要 EU復興基金利用も=

ワールド

スペイン、外国人観光客受け入れ再開へ 7月から隔離

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 5

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月