最新記事

チベット

ダライ・ラマは聖人にあらず

2010年3月25日(木)14時47分
クリスティーナ・ラーソン(フォーリン・ポリシー誌編集者)

 ダライ・ラマは原則的に人工妊娠中絶には反対だし、同性愛についても曖昧な態度に終始している。96年の著書『ドグマを超えて』では、驚くほどはっきりと性的な禁忌を定義している。「性交渉は、男女共に生殖器を使いそれ以外の部分は一切使わない場合に適切なものと見なされる」

 近年は、表現がいくらか遠回しになった。サンフランシスコを訪れたときには、仏教の教えは歴史的に同性愛をいさめているが、そうした禁忌は仏教徒だけに当てはまるものだと語った。

(次のように、混乱させることも書いている。「同性愛は、男性であろうと女性であろうと、それ自体が不適切なわけではない。不適切なのは、既に性交渉にはふさわしくないと定義された器官を使って性交渉を行うことだ」)

シャングリラは人工の観光地

 チベットという土地もシャングリラからは程遠い。そもそもシャングリラという地名は最近まで実在しなかった。中甸県という町が10年ほど前、ヒルトンの描いた楽園にあやかって香格里拉(シャングリラ)県に改名しただけだ。

 実際、この近代都市はとても夢の国には見えない。『失われた地平線』の設定に近い高原に位置する人口13万人のこの町は、旧市街と新市街に分かれているが、先にできたのは新市街のほうだ。この数十年、中国のあちこちに建設された急造の地方都市と同様、コンクリート造りの団地やショーウインドーのある店が目立つ。

 一方旧市街のほうは、過去10年以内に建てられた。古風な石畳の街路に木造のポーチのある店、昨年秋に私が行ったときには、ストーブで薪を燃やし階段に犬が寝ている田舎風のロッジに泊まった。すべては、私のような旅行者に期待どおりのものを見せるために造られた偽物だ。

 シャングリラはチベット自治区でさえない。雲南省最北部にある(チベット族の居住範囲は中国の5つの省にまたがっていて、全域を「大チベット」と呼ぶ)。

 中国東部の豊かな地域からは、チベットの土地と文化に興味を持ち始めた漢族の旅行者もやって来る。大型観光バスで乗り付け、宴会場やカラオケバーもある新市街の高級ホテルに泊まる。通常彼らはシャングリラにはほとんど滞在せず、代わりにガイド付き日帰り旅行で雄大な自然を見に出掛ける。

 一方、欧米人の旅行者は、旧市街のロッジに泊まり、手縫いのチベットコートやひすいのアクセサリー、マニ車といった民族雑貨でバックパックやスーツケースをいっぱいにし、ますますチベットへの関心が高まったと口にする。

 チベット人のほうも、世界の熱い関心は金になると気が付いた。私たちが信じたがるより、彼らはずっと現世的だ。シャングリラには、西洋人と中国人それぞれの期待に応えるツアーを取りそろえた旅行会社を経営する起業家精神に満ちたチベット人たちもいる。

 偶然の出会いだけで物事を一般化するのは危険だが、私が会ったチベット人の若者は、私たちの神話の中のチベット人より現世的で現実的だ。

 シャングリラの中央広場のそばで出会った21歳のタシは、旅行会社の外の階段に座ってたばこを吸っていた。「健康には悪いけど、セクシーだろう」と、彼は言った。

 黒いアディダスのジャケットに細身のジーンズ、短い髪の毛はジェルで針のように突っ立っている。アメリカ映画で見たスタイルだという。マイケル・ジャクソンの死に衝撃を受けたといい、独特のムーンウオークをして見せた。

 夜は、友達とバーに集まりチェスをしたりコーヒーやビールを飲んで過ごす。

ニュース速報

ビジネス

米金融街、新たな変異ウイルスや金利上昇などを懸念=

ビジネス

独自動車産業、新技術への投資なければ雇用崩壊=労組

ビジネス

米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北

ビジネス

寄り付きの日経平均は小幅安、米雇用統計控え模様眺め

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 3

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 7

    カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    北朝鮮の超エリート学院でコロナ感染、「赤い貴族」…

  • 10

    迫りくるもう一つの米中逆転

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 4

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 5

    米FDA、メンソールたばこ禁止へ 当局が来年に基準案…

  • 6

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 7

    アジア中が萌えた!王道ラブストーリーの韓国ドラマ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    アメリカでビットコインの未来を決める判断が間もな…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月