最新記事

景観保護

ありがた迷惑な「世界遺産」登録

ユネスコの世界遺産になっても観光ブームで自然や遺跡が破壊の危機に

2009年9月25日(金)14時24分
ウィリアム・アンダーヒル(ロンドン支局)

 バロック様式の建築で名高いドイツの古都ドレスデン。第二次大戦中の空爆で大きな被害を受けたが、復興努力のかいあって、エルベ川流域からの景観が観光客の目を楽しませてきた。

 だがそんな美しい景色が台無しにされようとしている。景観保護派の猛反対にもかかわらず、いまエルベ川では4車線の橋の建設計画が進んでいるのだ。ユネスコ(国連教育科学文化機関)は6月、「ドレスデン・エルベ渓谷」を世界遺産リストから抹消した。

 ドレスデンは中国の万里の長城やインドのタージ・マハルなどと同様、「顕著な普遍的価値」が認められて04年に世界遺産に登録された。だが地元住民にとっては世界遺産の栄誉より交通渋滞の緩和のほうが重要らしい。2度の住民投票で、景観保護より橋の建設を優先すべきだという結果が出た。

 「景観保護を第一に考える少数派が圧倒的多数の市民より自分たちのほうが正しいと思ったとしても、民主主義社会でその言い分を通すことは許されない」とヤン・ミュッケ市会議員は語る。

 世界遺産の価値が揺らぎ始めたようだ。観光ブームにつながることから、今なお多くの国が世界遺産の登録に熱意を燃やすが、デメリットを指摘する声もある。

 先進国では世界遺産をめぐるユネスコの警告などを干渉ととらえる向きもある。一方、途上国では世界遺産に登録されることで、逆に自然や遺跡が破壊されるのではないかという懸念が高まっている。

 ユネスコは資金不足に苦しみ、武器といえるのは道徳的権威くらい。いま900件近くが登録されており、今後も増え続ける世界遺産を保護しようにも手だては限られている。

 「保護派の間には、自然や遺跡の保護を目指すなら世界遺産に登録しないほうが得策だという声がある」と言うのは、ユネスコでの勤務歴があるイギリス人の考古学者ピーター・ファウラーだ。

 問題は世界遺産登録の目的が必ずしも保護ではないこと。遺産登録を目指す各国政府や地元の産業界にとって、世界遺産は無名の土地を観光スポットに変えるマーケティングツール。中国雲南省にある麗江の旧市街は97年の登録以来、年間観光客数が10年間で170万人から460万人に増えた。

 ユネスコは08年の報告書で、「商業的利益の拡大を目指すなかで観光客数が大幅に増加し、観光振興に貢献した遺産がダメージを受けている」と記している。

 カンボジアのアンコールワットも麗江と同じジレンマを抱える。1万人に満たなかった年間観光客数が92年の世界遺産登録をきっかけに100万人以上に激増。観光客の波に対応するべく、町は拡大の一途をたどっている。さらに地元のホテルが遺跡の地下から水をくみ上げているため、遺跡自体が危機にさらされている。

 「世界遺産に登録されると、訪問者数が5年で10~500倍に増える可能性がある」と、世界遺産を保護するために設立された世界遺産基金のジェフ・モーガンは語る。「ガイドブックの扱いも大きくなる。観光地として整備されていない場所に膨大な人が押し寄せる」

 ユネスコは保護推進に向けて影響力を振るえるはずだ。ユネスコ世界遺産センターのフランチェスコ・バンダリン所長によれば、ユネスコは黒子のような立場で世界遺産を荒廃から「守ることができる」という。

 高速道路に邪魔されずにギザのピラミッドで素晴らしい夕日が見られるのは、ユネスコの圧力のおかげでもある。とはいえ、バンダリンも「保護が行き届いているとは言い難い」と認めている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに

ワールド

焦点:ベイルート大爆発の謎、硝酸アンモニウムは「所

ワールド

アングル:聖域「王室」にも、タブーに挑むタイ若者の

ビジネス

米アップル、iOSアプリ手数料減免を拒否=FB

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 8

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月