最新記事

景観保護

ありがた迷惑な「世界遺産」登録

ユネスコの世界遺産になっても観光ブームで自然や遺跡が破壊の危機に

2009年9月25日(金)14時24分
ウィリアム・アンダーヒル(ロンドン支局)

 バロック様式の建築で名高いドイツの古都ドレスデン。第二次大戦中の空爆で大きな被害を受けたが、復興努力のかいあって、エルベ川流域からの景観が観光客の目を楽しませてきた。

 だがそんな美しい景色が台無しにされようとしている。景観保護派の猛反対にもかかわらず、いまエルベ川では4車線の橋の建設計画が進んでいるのだ。ユネスコ(国連教育科学文化機関)は6月、「ドレスデン・エルベ渓谷」を世界遺産リストから抹消した。

 ドレスデンは中国の万里の長城やインドのタージ・マハルなどと同様、「顕著な普遍的価値」が認められて04年に世界遺産に登録された。だが地元住民にとっては世界遺産の栄誉より交通渋滞の緩和のほうが重要らしい。2度の住民投票で、景観保護より橋の建設を優先すべきだという結果が出た。

 「景観保護を第一に考える少数派が圧倒的多数の市民より自分たちのほうが正しいと思ったとしても、民主主義社会でその言い分を通すことは許されない」とヤン・ミュッケ市会議員は語る。

 世界遺産の価値が揺らぎ始めたようだ。観光ブームにつながることから、今なお多くの国が世界遺産の登録に熱意を燃やすが、デメリットを指摘する声もある。

 先進国では世界遺産をめぐるユネスコの警告などを干渉ととらえる向きもある。一方、途上国では世界遺産に登録されることで、逆に自然や遺跡が破壊されるのではないかという懸念が高まっている。

 ユネスコは資金不足に苦しみ、武器といえるのは道徳的権威くらい。いま900件近くが登録されており、今後も増え続ける世界遺産を保護しようにも手だては限られている。

 「保護派の間には、自然や遺跡の保護を目指すなら世界遺産に登録しないほうが得策だという声がある」と言うのは、ユネスコでの勤務歴があるイギリス人の考古学者ピーター・ファウラーだ。

 問題は世界遺産登録の目的が必ずしも保護ではないこと。遺産登録を目指す各国政府や地元の産業界にとって、世界遺産は無名の土地を観光スポットに変えるマーケティングツール。中国雲南省にある麗江の旧市街は97年の登録以来、年間観光客数が10年間で170万人から460万人に増えた。

 ユネスコは08年の報告書で、「商業的利益の拡大を目指すなかで観光客数が大幅に増加し、観光振興に貢献した遺産がダメージを受けている」と記している。

 カンボジアのアンコールワットも麗江と同じジレンマを抱える。1万人に満たなかった年間観光客数が92年の世界遺産登録をきっかけに100万人以上に激増。観光客の波に対応するべく、町は拡大の一途をたどっている。さらに地元のホテルが遺跡の地下から水をくみ上げているため、遺跡自体が危機にさらされている。

 「世界遺産に登録されると、訪問者数が5年で10~500倍に増える可能性がある」と、世界遺産を保護するために設立された世界遺産基金のジェフ・モーガンは語る。「ガイドブックの扱いも大きくなる。観光地として整備されていない場所に膨大な人が押し寄せる」

 ユネスコは保護推進に向けて影響力を振るえるはずだ。ユネスコ世界遺産センターのフランチェスコ・バンダリン所長によれば、ユネスコは黒子のような立場で世界遺産を荒廃から「守ることができる」という。

 高速道路に邪魔されずにギザのピラミッドで素晴らしい夕日が見られるのは、ユネスコの圧力のおかげでもある。とはいえ、バンダリンも「保護が行き届いているとは言い難い」と認めている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査

ビジネス

FRB「忍耐必要」、インフレなお高水準=ボストン連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中