最新記事

アメリカ政治

世界経済を人質に取った共和党過激派のルーツ

債務上限引き上げに合意はしたが超保守派が党で影響力を持ち続ける構造は変わらない

2013年10月29日(火)16時01分
ジェイコブ・ワイズバーグ(スレート・グループ編集主幹)

扇動者 オバマケア叩きで右派の寵児になったテッド・クルーズ上院議員 Andrew Burton/Getty Images

 この20年間、アメリカ政治は共和党の反乱に振り回されてきた。いま駄々をこねている共和党保守派が最初に姿を現したのは、民主党のクリントンが大統領に就任した90年代のこと。95年から下院議長を務めたギングリッチの一派が、好戦的で非協力的な姿勢を打ち出した。

 ギングリッチこそ「超党派の歩み寄り」という米議会の美徳を汚した張本人だ。彼の下で、下院共和党はクリントンの医療保険制度改革にことごとく反対し、90年代の好況を生んだ景気刺激策にも不支持を貫いた。

 95年、クリントンに大幅な歳出削減をのませるための脅迫手段として、連邦債務上限の引き上げを拒むという戦術を編み出したのもギングリッチだ。さらに政府機関閉鎖という戦術も考案した。

 クリントンは共和党が理性のない行動に走る原因は、大統領選で得票率が過半数に届かなかった自分にあるとみていた。だが共和党の過激な政治手法はおそらく、目先の利益や成果を得るためのものだろう。

 責任感や礼節といった伝統を捨てることで、既に共和党は94年の中間選挙で上下両院の多数派獲得に成功していた。手っ取り早く権力を握るには妥協を排除すればいいと確信したのだ。

 共和党保守派は以降、過激な主張や戦術を持つ政治家に「褒美」で報いる体制を築いてきた。下院議員選挙では浮動票を取り込む努力をしなくて済むように州内の選挙区割りを変えた。穏健派が選挙に出れば、保守急進派を対抗馬に担ぎ出し、穏健派候補の政治生命を絶つネガティブキャンペーンを展開した。

 草の根保守派連合「ティーパーティー」は社会や経済の変化に対する漠然とした怒りから生まれたとされているが、このような褒美に釣られて生まれたとも言える。

T・クルーズは一躍有名人

 オバマ大統領は1期目に共和党の罠にはまった。11年、共和党は債務上限の引き上げに合意する交換条件として予算削減を求める作戦をまた持ち出した。するとオバマは交渉に応じ、予算の削減を認めてしまった。

 オバマはその後、共和党を相手に妥協すれば相手をつけ上がらせるだけだと悟り、今回は断固として交渉を拒んだ。先週、共和党穏健派のベイナー下院議長がオバマに無条件に譲歩したのは分岐点といえる。20年にわたり共和党を理不尽な行動に走らせてきた戦術が通用しなくなったことを示すからだ。

 共和党上院の重鎮たちは自らの無力さに悔しさをにじませた。デフォルト(債務不履行)を駆け引きに使う戦術にうんざりしたウォール街との間にも亀裂が入った。来年の中間選挙で共和党が上院の過半数を維持する見込みは大幅に低下。共和党がこの戦術を使うことは二度とないだろう。

 しかし共和党の多くの政治家にとって、「ご褒美システム」は変わらないままだ。テッド・クルーズ上院議員の医療保険制度改革法(オバマケア)非難演説は共和党に大きなダメージを与えたが、クルーズ本人は知名度を上げ、右派の寵児となった。

 多くの共和党下院議員は地元に帰り、債務上限引き上げに反対票を投じたと吹聴して回るだろう。来年の中間選挙では、共和党への逆風の中でも超保守派の当選は堅いとみられる。

 共和党がまともな政党として生まれ変わるためには、妥協に前向きになるという伝統的な価値観や美徳を取り戻し、超保守派と距離を置くことが必要だ。だが残念ながら当面は、反省という言葉を知らず、強情で恐ろしく無責任なティーパーティーに支配され続けるのだろう。

© 2013, Slate

[2013年10月29日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月