最新記事

健康

NY市長、矛盾だらけのホットドッグ偏愛

塩分や炭酸飲料を厳しく規制する一方、ホットドッグの早食い大会を絶賛するニューヨークのブルームバーグ市長に記者が辛口の提言

2012年9月3日(月)15時46分
ウィリアム・サレタン(ジャーナリスト)

愛は盲目 自らホットドッグ好きを公言するブルームバーグ Chip East-Reuters

ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグ殿

 政治家は偽善者だとよくいわれますが、どうやらあなたもその1人のようですね。あなたは市内の飲食店に対し、トランス脂肪酸の使用を規制し、減塩を呼び掛け、メニューにはカロリー表示を義務付けてきました。

 5月末には、飲食店や映画館で出される炭酸・甘味飲料のサイズを16オンス(約470ミリリットル)以下に規制する計画を発表しました。しかし健康に有害だという理由でこうした規制を強化するほど、あなたの偽善者ぶりが際立ちます。

 何しろあなた自身、ピザやベーグルに塩をかける姿が目撃されています。毎日コーヒーを3〜4杯飲むことも有名です。

 6月1日の「ドーナツの日」には、そのイベントを支持する矛盾をNBCテレビのニュース番組で突っ込まれていましたね。するとあなたはこう答えました。「ドーナツ1個で健康が損なわれることはない。節度を保てばほとんどの食べ物は問題ない。ソフトドリンクの件も、節度を持ってもらうことが目的だ」

驚きの「ホットドッグ公約」

 節度、ですか。

 では、ホットドッグをめぐるあの饗宴(狂宴と言ったほうが正しいですね)はどうなのでしょう。毎年コニーアイランドで開かれる、独立記念日(7月4日)恒例の早食い大会「ネイサンズ・ホットドッグ・イーティング・コンテスト」のことです。

 02年にあなたが市長に就任して以来、10分の制限時間内に食されるホットドッグの最高記録は、50個から68個に増えました。あなたは毎年、大会前の体重計測イベントを主催し、出場者を褒めたたえ、テレビで何百万人もの人々が見守っていると誇らしげに言います。

 02年大会では、「ホットドッグの税金は極めて低く抑えたい。私自身が大好きだから」と、驚きの公約をしました。翌03年には、「ホットドッグを素早く大量に食するには科学と戦略が必要だ。皆さんは素晴らしいアスリートだ」と、出場者に最大級の賛辞を寄せました。

 あなたの「ホットドッグ崇拝」に困惑する者は少なくありません。CNNの金融エディターは、これは「暴食大会」であり、なぜあなたが「持ち上げる」のか理解できないと言いました。「ただでさえ専門家が、アメリカ人の肥満傾向に警告を発しているのに」と。

早食い選手の健康被害は無視?

 それでもあなたは早食い大会への称賛をやめませんでした。07年大会では「独立記念日はわれわれの自由を祝福する素晴らしい機会だ。権利の章典には明記されていないが、ホットドッグをできるだけたくさん食べる権利は起草者たちの念頭にあったに違いない」と言っています。

 08年頃には、かつての出場者の中に40キロ近く太った人や、胸に痛みを覚えるようになった人がいると報じられるようになりました。「体に脂肪分や塩分を詰め込むのが健康的とは思えない」と、ある元出場者はCNNで語っています。「でもステージに上がって自分の名前を呼ばれ、市長と一緒に写真を撮ってもらうと舞い上がってしまう」

 あなたは、娯楽イベントに目くじらを立てる必要はないと思っているのかもしれません。確かに脂肪と塩と白パンを口に詰め込むのは、サーカスの見せ物のようなものです。でも炭酸飲料は深刻な健康被害を及ぼすからサイズを規制する必要があると、あなたは言います。

 好きになさるといいでしょう。ただ、節度を説きつつ早食いの権利をたたえるのはいただけません。どちらか一方にしてください。今後のあなたの発言に注目しております。

© 2012, Slate

[2012年6月27日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中