最新記事

コロナ特効薬を探せ

コロナ特効薬&ワクチン、米中日欧で進む研究開発の最前線を追う

THE RACE FOR ANSWERS

2020年5月22日(金)17時15分
アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)

magSR200521_2.jpg

顕微鏡で見た新型コロナウイルス(オレンジ色部分) NATIONAL INSTITUTE OF ALLERGY AND INFECTIOUS DISEASES-ROCKY MOUNTAIN LABORATORIES/NIH

リジェネロンは米食品医薬品局(FDA)や米保健福祉省に、審査を優先的に行う「ファストトラック」の対象にケブザラを加えるよう働き掛けている。入院患者を対象とした臨床試験は既に始まっており、いい結果が出れば、近くケブザラは新型コロナウイルス治療薬として承認されるかもしれない。同社では既に数万人の重症患者に使える量のケブザラを生産しているとヤンコプロスは言う。アメリカ以外の国々でのケブザラの販売権を持つ製薬大手サノフィは、同様の臨床試験をヨーロッパで始めている。

さらにリジェネロンは、コロナと戦う武器としてモノクローナル抗体にも注目している。モノクローナル抗体とは、特定のウイルスに取り付いて殺すことを目的に免疫細胞が設計・産出するタンパク質だ。

リジェネロンは、人体で使えるような抗体を産出するように遺伝子操作されたマウスを利用。新型コロナウイルスに感染させた遺伝子操作マウスからさまざまな抗体を取り出し、そこから効果がありそうなものを選び出した。抗体の大量生産には、大型の「バイオリアクター」と呼ばれる装置内で培養した細胞を使う予定だという。

リジェネロンのクリストス・キラツァウス副社長によれば、最も効果の高い抗体を割り出してから、アメリカ国内の患者に広く使える量の薬を供給するのに十分な細胞を作り出すまでに必要な時間は、約4カ月。医療現場からは、8月末くらいには新しい薬が使えるようになるのではと期待する声が上がっている。

体がウイルス感染を撃退するのを支援する治療法の開発も各国で進んでいる。例えばジョンズ・ホプキンス大学のアルトゥーロ・カサデバル教授(免疫学)らは、回復した元患者の血液から抗体を抽出する研究を進めている。感染に打ち勝った元患者の抗体を別の患者に投与しようというわけだ。

新薬開発までの時間稼ぎ策

実は100年以上前から、医師たちはこれに似た戦略でパンデミックと戦ってきた。1918〜20年の「スペイン風邪」のときもそうだった。違うのは、昔は存在しなかった機器や技術が使われている点だ。

カサデバルら研究チームは、自己免疫疾患の患者の血液から抗体を除去する治療に使われる機器などを用いて、新型コロナウイルスから回復した患者から抗体を抽出しようとしている。そして最も強力なものをいくつか選び、患者の治療や医療従事者の感染予防に活用したいという考えだ。必要な機器は既に医療現場で使われているものだから、アメリカ中、いや世界中の都市で同じ手法が使えるようになるかもしれない。

この手法は大量生産可能な新薬の開発には直接にはつながらないものの、新薬が登場するまでの時間稼ぎにはなるとカサデバルは言う。「実用化できれば、人工呼吸器で酸素を供給する以外の治療を患者に施すことができる」と、彼は言う。既に中国では血清を使った治療が行われており、アメリカでも広く行われる可能性がある。

ニュース速報

ワールド

NZで3カ月超ぶりに確認されたコロナ感染者、貨物介

ワールド

原油先物は上昇、米在庫が予想以上に減少

ワールド

ILO、新型コロナによる若者の失業や学習機会減少を

ワールド

米韓合同軍事演習、コロナで規模縮小して実施へ=韓国

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 10

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月