最新記事

投薬治療

薬の飲み忘れを防ぐ、驚きの新送薬システムとは?

DRUGS ON A COIL FREE PATIENTS

2020年4月9日(木)17時00分
マルビカ・バルマ(MIT研究員)

薬の飲み忘れは回復の遅れ、薬剤耐性、さらには死につながる場合も SARINYAPINNGAM-iStock

<飲み忘れは世界的な問題で、病気治癒の障壁。そこでMIT研究チームは、1カ月胃の中にとどまり、適量の薬を放出し続けるデバイスを考案した。本誌特別編集ムック「世界の最新医療2020」より>

薬は飲まなければ効かない、というのは医療の世界の普遍的真理だが、患者の薬の服用を数カ月間にわたり支援する新しいデバイスの開発が進行中だ。

202003NWmedicalMook-cover200.jpgWHO(世界保健機関)の推定によれば、先進国では慢性疾患の患者の最大50%が薬の服用指示を守るのに苦労している。途上国では、この比率はさらに上がる。患者が医師の投薬計画に従わないという世界的な問題は、病気治癒の主要な障壁だ。専門家はこれを「ノンアドヒアランス(服薬不履行)」と呼ぶ。

これには多くの理由があり、例えば、患者が多忙で飲むのを忘れることもあれば、薬の値段が高くて買えない場合もある。一部の薬は副作用が強いため、患者が飲む回数を減らすケースもある。

いずれにせよ、ノンアドヒアランスは回復の遅れ、薬剤耐性、さらには死につながる場合もある。私はマサチューセッツ工科大学(MIT)の生物医学エンジニアとして、服用の頻度を減らすことで感染症の患者が容易に医師の指示を守れるようにする技術を開発している。

化学エンジニアのロバート・ランガーと、胃腸科専門医で生物医学エンジニアのジオバンニ・トラベルソの率いる私たちの研究チームが開発に注力しているのは、持続型の送薬システムだ。

数人の同僚は、患者が飲み込んだ後、胃に到達すると6本のアームを持つ星形の形状に変化するカプセルの開発に取り組んできた。そのサイズと形状、化学的・力学的特性により、この星形は数週間、胃の内部にとどまることができる。各アームはそれぞれ異なる薬を格納し、それをゆっくりと放出する。薬を全て放出した後、星形はばらばらに分解され、安全に腸を通過する。このカプセルはブタで試験済みだ。

この星形ステムは管理しやすいが、投薬可能な量に限界がある。患者が飲み込む方式なので、格納できる薬の量はせいぜい1グラム程度だ。

私たちのMITチームは最近、錠剤をらせん状のコイルに格納するシステムを考案した。この方式なら、10グラムの薬剤を1カ月間、保持・放出できる。既にブタで試験を行った。このシステムは、感染症の中でも最も致死性の高い結核の治療に必要な適量の抗生物質を放出可能だ。

iryo200409_tube.png

本誌特別編集ムック「世界の最新医療2020」67ページより

このシステムでは、らせん状につながるワイヤに薬が数珠つなぎに連結され、ワイヤの端部は磁石付きのチューブで保護されている。ワイヤは弾力性が極めて高く、細長く伸びて食道を通過し、胃に到達して緊密なコイルを形成する。円筒形の錠剤は薬とシリコーンを混合して作られており、コーティング剤の薄膜で覆われている。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

ワールド

BA親会社、英の新検疫ルールに法的措置検討

ワールド

インド、来週コロナ封鎖を一部解除へ 宗教施設など再

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェット振袖か

  • 4

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 5

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 6

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 7

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 8

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 9

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月