最新記事

韓国社会

韓国、犬の虫下し薬でがん治療 患者相手に違法な輸入代行まで

2019年12月5日(木)18時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国でがんが治ると話題になっている犬用虫下し薬 YTN / YouTube

<わらにもすがりたい患者には、いつか治るという心のよりどころが必要だが......>

犬用の虫下し薬ががんに効く!? そんなウソのような話が韓国で話題となっている。この話題は、当初がん患者のコミュニティーサイトを中心に口コミで広がっていたが、お笑い芸人キム・チョルミンが、この虫下し薬を購入し服用していることをSNSでアップしたことで一気に注目されるようになったのだ。

今年8月、キム・チョルミンは肺がんのステージ4と診断されたことを自身のフェイスブックで公表した。その後、肺以外にも骨、リンパ腺、肝臓にも転移したが、ファンから薦められた犬の虫下しの服用を始めたという。

現在、服用開始してから10週目。本人のSNSによると服用開始7週目の時点で、血液検査の数値は正常となり、肝臓の数値も以前に比べ安定し良好だという。果たしてこの犬用の虫下し薬の効果は本物なのだろうか?

人気に目をつけた個人輸入での転売も

前述のがん患者のコミュニティサイトへの投稿を見ると、虫下し薬の成分「フェンベンダゾール」ががん治療に有効性を発揮するという。もちろん、今のところその効果は、医学的に証明されていない。

それでも商品を求める患者は後を絶たず、韓国内では品薄状態が続いており、海外のショッピングサイトから個人輸入する人も増えていて、ネットで「フェンベンダゾール」で検索をかけてみると、輸入物を販売する広告がずらりと登場する。

しかし、動物用の薬は「動物薬品等取扱規定法」により、許可された動物病院及び、動物薬局でのみ販売可能と決まっている。もしも、無許可で個人販売している場合には、5年以下の懲役か5千万ウォン(約450万円)以下の罰金にあたる違法行為だ。また、合法的に手に入れたとしても、そもそも動物用の薬であるため、飲み合わせなどによって人体に悪い影響を与えてしまうかもしれない。

また、最近では動物用の虫下しが品薄で手に入らないため、人間用の虫下し薬を購入する人が増え、売り上げを伸ばしているという。動物用にしても人間用にしても、医師の許可なく大量に服用するがん患者が出てくるのではないかと心配されている。

ニュース速報

ワールド

中国工業部門企業利益、4月は減益率4.3%に改善 

ビジネス

資産買い入れ巡る独憲法裁の判断、ECBに影響せず─

ワールド

香港、議会周辺に機動隊を配備 抗議デモ拡大で

ビジネス

テスラ、北米と中国で価格引き下げへ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 8

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 9

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 10

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月