最新記事

韓国社会

韓国、犬の虫下し薬でがん治療 患者相手に違法な輸入代行まで

2019年12月5日(木)18時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国でがんが治ると話題になっている犬用虫下し薬 YTN / YouTube

<わらにもすがりたい患者には、いつか治るという心のよりどころが必要だが......>

犬用の虫下し薬ががんに効く!? そんなウソのような話が韓国で話題となっている。この話題は、当初がん患者のコミュニティーサイトを中心に口コミで広がっていたが、お笑い芸人キム・チョルミンが、この虫下し薬を購入し服用していることをSNSでアップしたことで一気に注目されるようになったのだ。

今年8月、キム・チョルミンは肺がんのステージ4と診断されたことを自身のフェイスブックで公表した。その後、肺以外にも骨、リンパ腺、肝臓にも転移したが、ファンから薦められた犬の虫下しの服用を始めたという。

現在、服用開始してから10週目。本人のSNSによると服用開始7週目の時点で、血液検査の数値は正常となり、肝臓の数値も以前に比べ安定し良好だという。果たしてこの犬用の虫下し薬の効果は本物なのだろうか?

人気に目をつけた個人輸入での転売も

前述のがん患者のコミュニティサイトへの投稿を見ると、虫下し薬の成分「フェンベンダゾール」ががん治療に有効性を発揮するという。もちろん、今のところその効果は、医学的に証明されていない。

それでも商品を求める患者は後を絶たず、韓国内では品薄状態が続いており、海外のショッピングサイトから個人輸入する人も増えていて、ネットで「フェンベンダゾール」で検索をかけてみると、輸入物を販売する広告がずらりと登場する。

しかし、動物用の薬は「動物薬品等取扱規定法」により、許可された動物病院及び、動物薬局でのみ販売可能と決まっている。もしも、無許可で個人販売している場合には、5年以下の懲役か5千万ウォン(約450万円)以下の罰金にあたる違法行為だ。また、合法的に手に入れたとしても、そもそも動物用の薬であるため、飲み合わせなどによって人体に悪い影響を与えてしまうかもしれない。

また、最近では動物用の虫下しが品薄で手に入らないため、人間用の虫下し薬を購入する人が増え、売り上げを伸ばしているという。動物用にしても人間用にしても、医師の許可なく大量に服用するがん患者が出てくるのではないかと心配されている。

ニュース速報

ワールド

イスラエル首相、来週訪米 中東和平案協議の公算

ワールド

WHO、新型肺炎で緊急事態宣言見送り 情勢は緊密に

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初 国内1

ワールド

独首相、5G業者選定は「多様化重要」 1社完全排除

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 5

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    ヘンリー英王子夫妻、王室離脱後の「人生設計」は?

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月