最新記事

ライフスタイル

Tokyo Eye 外国人リレーコラム

世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

<伝統的な工芸品でもある小さなナイフでさえ、持ち歩けば拘留される可能性がある日本と銃規制が一向に進まないアメリカ> 妻は岐阜県関市出身。日本

2021.04.15
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

10歳娘はTikTokに夢中「ネット中毒にならないか心配です」

<ティーンの子たちを見ていると、一日中スマホにクギ付けになり、延々とスクロールし続け、人気ティックトッカーの話ばかり──娘がそうなってしまう

2021.04.15
モビリティのこれから 楠田悦子

「自動運転があらゆる移動課題を解決する」という期待への違和感

<車両の高度化にばかり注目が集まる自動運転だが、レベル4や5を実用化、利活用するには他にも必要な準備がたくさんある> ホンダが自動運転レベル

2021.04.14
安楽死

「安楽死」という選択肢があるおかげで、生き続けられる人もいる

2021.04.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「あまり神経質になるな」鬱や不安を親に相談しても相手にされない

<親友は引っ越してしまい、高校に友達はいません。親は「祈りなさい」と言うだけ。軽視されやすいティーンエージャーの心の問題に、文化評論家のジャ

2021.04.13
不動産

韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全国でも9カ月で25%も上昇、文政権への怒り広がる

2021.04.12
日本経済

「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

2021.04.11
医療

コロナ禍の今こそ知りたい世界の病院トップ200

2021.04.10
勉強

「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

2021.04.10
料理本

外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本 その料理哲学

2021.04.09
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「裁判費用を出してほしい」議事堂襲撃した甥をかばう家族にうんざり

<ずいぶん前にアメリカに移住した姉は保守派の説教師と結婚すると、途端にゲイの私を否定するようになりました。その姉の息子が連邦議会議事堂乱入事

2021.04.08
マインドフルネス

あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待ってる」から 目からうろこの心理療法ACTの極意とは

2021.04.08
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「反人種差別教育が足りないですか?」私の白い肌をべた褒めする3歳の息子が心配

<「パパの茶色い肌は好きじゃない」──夫と義理の両親はヒスパニック系です。義父母や保育園の友達にも、同じようなことを言うのではないかと考える

2021.04.06
プレゼント

ニューズウィーク日本版メンバーシップに新規登録した方に最新号「岐路のビットコイン」をプレゼント!【抽選で10名様】

2021.04.06
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

世界中を転々とする両親のノマド志向は、子供の成長の害になりますか?

<1つの場所に2年ととどまらない生活です。夫も私もどこかに定住するのは退職後でいいと考えていますが、こんな暮らしの中で子供を育てるのは無責任

2021.04.05
日本社会

「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子をもてはやす日本の不思議

2021.04.05
カルチャー

考えることがストレスになる人とワクワクできる人の決定的な違い

2021.04.04
ネット

不要になった結婚指輪を贈るために「愛の物語」を募集したら......

2021.04.03
ライフスタイル

「北欧各国は幸福度が高い」と話す人に伝えたい真実 世界を正しく理解するデータの読み方

2021.04.03
モビリティのこれから 楠田悦子

脳卒中患者の自動車運転再開プロセスとは──日本の支援体制と現在地

<病気によって一度運転から離れてしまった人への再開支援はまだまだ進んでいないというのが日本の実情で、これは何も高齢者だけの問題ではない。脳卒

2021.03.31

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中