最新記事

ライフスタイル

人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

学校が悲しい物語を課題図書にするのはなぜ?

<共感力の強い12歳の息子が『ダンとアン』を読んだらどうなってしまうか心配です──。息子に心の準備をさせるか、先生に相談するかで迷っています

2021.05.02
免疫反応

この春花粉症デビューした人は要注意 リンゴやトマトでもアレルギー反応出るかも

2021.04.30
モビリティのこれから 楠田悦子

「免許返納したら移動手段がない」運転可否判断をめぐる日本の実情

<日本では高齢者と交通問題についての研究・議論は各分野で進んでいるが、運転の可否判断と運転リハビリや断念後の移動手段といったトータル的な仕組

2021.04.28
プレゼント

ニューズウィーク日本版メンバーシップに新規登録した方に最新号「韓国ドラマ& 映画50」をプレゼント!【抽選で30名様】

2021.04.27
新型コロナウイルス

緊急事態宣言は変異株の拡大を抑え込むか? 進化生物学的に危険な「日本のワクチン接種計画」のリスク

2021.04.26
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「実はあなたは不倫の子」娘に真実を話したい... でも、どうやって?

<14歳の娘は善悪の区別に強いこだわりを持つ賢い子です。今は亡き不倫した父親のことを許さないのではないかと心配です> Q:最初の結婚の時にで

2021.04.24
メーガン・マークル

メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

2021.04.24
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

ちょっかいを出しただけなのに... 小2息子が「いじめっ子」認定されています

<息子がいじめっ子と呼ばれていますが、からかうくらい誰でもしますよね? そんなことにも対応できない軟弱な子のほうが問題だと言いたいのですが>

2021.04.23
キャリア

工学部出身の投資銀行家が、ウエディングプランナーに転職した訳

2021.04.23
出会い系

直接対面可能になってもビデオチャットを使う......ジェネレーションZのデートアプリ活用法

2021.04.22
イスラム教

イスラム教徒が待ち望んだラマダンは、今年も厳戒態勢

2021.04.22
猫系作家の時事評論 古谷経衡

社交性信仰が日本をダメにする

<とくに公僕にあっては「飲み会を断らない」ことより、孤高でいられることのほうが大事だ> 「飲み会を絶対断らない人」こと山田真貴子前内閣広報官

2021.04.21
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「流産は体型のせい」と母に責められる

<自分を無条件で愛してくれるはずの人が、本当に必要なときに助けてくれず、むしろ傷つけるようなことばかり言ってきたら? 小説家のミシェル・ハー

2021.04.20
プレゼント

ニューズウィーク日本版メンバーシップに新規登録した方に最新号「歴史に学ぶ 感染症の終わり方」をプレゼント!【抽選で10名様】

2021.04.20
資産運用

「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

2021.04.19
女性問題

男女格差ランキング120位は本当? 「女性が差別される国」日本で男より女の幸福感が高い皮肉

2021.04.18
日本社会

「汚部屋そだちの東大生」女性作者の壮絶半生 母親の影響を抜け出すまでの日々

2021.04.17

マイク・タイソンやJay-Zも...黒人起業家が大麻ビジネスに続々参入の深い訳

2021.04.16
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

黒人の男の子に恋した私、人種差別主義者の母。この状況、どうすべき?

<母が差別するのは黒人と中東系の人です。黒人の友人とのテキストメッセージさえ頻繁にチェックして、警戒するくらいです──文化評論家のジャミラ・

2021.04.16
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

変わり続ける今の世界で、柔軟に信念を変えていく生き方のススメ

<新たなことを学び、自分の生き方を変えていくためには、「科学者」のように考えるべき> アメリカの東海岸北部の地域「ニューイングランド」は冬が

2021.04.15

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中