最新記事

ライフスタイル

あなたを大地に還すエコな埋葬 ドイツ企業、遺体堆肥化サービスを開始

2023年3月3日(金)11時15分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)
堆肥葬のイメージ

ツェルクラム・ヴィテ社の「堆肥葬」のイメージ MEINE ERDE / YouTube

<散骨や樹木葬など多様化する終いにまた新たな選択肢が>

気候変動を背景に葬儀も環境に優しいスタイルにしようという動きが広まり、遺体を堆肥化してから埋葬する「堆肥葬」がアメリカでじわりと広がっている。2019年のワシントン州での合法化を皮切りに、昨年末はニューヨーク州でも認可され、すでに6州で認められた。他州でも合法化を進めていると聞く。ヨーロッパでは堆肥葬は行われていなかったが、2022年2月から、ドイツで堆肥葬ができるようになっている。

ヨーロッパで初めて実施

ベルリンのツェルクラム・ヴィテ社は、ヨーロッパ初の堆肥葬「マイネ・エアデ(Meine Erde=私の土)」を提供している。遺体を藁や木くず、活性炭などの有機的な成分の中で40日間保管する場所は、ベルリンから離れたドイツ最北端の州、シュレスウィヒ・ホルシュタイン州にある。同州メルン市の墓地の礼拝堂だ。

同社は、この礼拝堂をアルヴァリウム(Alvarium)と名付けた。遺体が入った棺は木製の外観の大型装置に入れ、堆肥化はすべてセンサーで管理する。堆肥化した遺体は、許可されている場所ならどこに埋めても構わない。サービス開始から1年経った今年2月中旬時点で、5件の堆肥葬が行われ、1体がアルヴァリウムで堆肥化中だ。5体は、メルン市や隣州のハンブルク市の墓地に埋葬されたという。

下の動画は、実際にマイネ・エアデを利用した男性が埋葬された様子だ。堆肥葬に決めたのは男性の息子だといい、息子は「これは新しいスタイルです。エコロジカルです。棺も骨壺も要りません。あまり深くは埋めなくて、もちろん、これはまったく新しい形式です(伝統的な土葬では、金属やプラスチックなどの生分解性ではない棺を、地中深くに埋葬する)」と話している。

>>マイネ・エアデの葬儀の動画

マイネ・エアデの費用は2100ユーロ(約30万円)。ドイツでは簡素な葬儀だと約2000ユーロで済むというから、マイネ・エアデは低価格帯の葬儀だ。

親族との会話がきっかけで、堆肥葬を開始

「堆肥葬」の棺

アルヴァリウム内の様子。棺(写真は堆肥化終了後)は背後の木製の外観の大型装置に入れ、遺体の堆肥化はセンサーで管理 ©MEINE ERDE

堆肥葬といえば、3年前、筆者は、スウェーデンで考案された堆肥葬「プロメッション」(遺体を凍結し、フリーズドライしてから土の浅い部分に埋める)についての記事を執筆した。2001年設立のプロメッサ・オーガニック社は長年、プロメッションの施設オープンを目指してきたが、いまだに実現には至っていない。考案者であり、同社を設立したスーザン・ウィーグ-メサクさんは、筆者の寄稿後、プロメッションの利用が叶わないまま他界した。同社は堆肥葬について啓蒙活動を続けている。

プロメッションについては、ツェルクラム・ヴィテ社も知っていた。筆者の質問に対し、プレス担当は「マイネ・エアデは、プロメッションとは大きく違います。また、マイネ・エアデはアメリカの堆肥葬サービス業者たちの真似ではなく、独自に開発した方法です」と答えた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中