最新記事

医療

3000人を看取った医師が教える「80歳以上が今すぐやるべきこと」

2020年5月13日(水)11時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

kazoka30-iStock.

<「多死社会」化する日本で、人生の最期をどう過ごすか、幸せな死を迎えるためにはどうすればいいか。愛和病院(長野県長野市)副院長で、緩和ケア医の平方眞氏は「人生の最期を考える話し合い」の重要性を指摘する>

現在、日本の年間死亡者数は約130万人で、なお増加傾向にある。2038年には死亡者数がピークを迎え、約170万人となる予想だ。ピークを過ぎても、その後の30年間は、毎年150万人以上の人が亡くなるとされている。日本は急速に「多死社会」に向かっている。

愛和病院(長野県長野市)副院長で、緩和ケア医として3000人以上の患者を看取ってきた平方眞氏によると、今の日本で亡くなる人の多くは、死亡診断書にはがんや肺炎で亡くなったと記載されていても、イメージとしては「老衰9割+がん1割」「老衰8割+肺炎2割」のような感じなのだという。

つまり、ほぼ老衰なのだ。そのため、ほとんどの人が十分生きたと思える年齢であり、その時に死が訪れるのは自然なことだと言える。

今後、病院以外で最期を迎える人が増え、介護施設や自宅などの生活の場での看取りが増えていくのは確実だ。

平方医師は「多死社会=不幸な社会」になってしまうことを懸念している。死を少しずつでも生活の中に取り戻し、死を「忌み嫌うべきこと」として避けることなく、よい死、望ましい死、幸せな死を増やすことができれば、多死社会が不幸な社会になることを防げるという。

そのためにも「人生の最期を考える話し合い」と「緩和ケア」はとても大切――そう考える平方医師は、『人生のしまい方――残された時間を、どう過ごすか』(CCCメディアハウス)を上梓した。

「人生の最終段階」でのさまざまな話し合いをケーススタディとして紹介しながら(ほとんどが実話だという)、人生の最期をどう過ごすか、周囲の人と共に考えることの大切さを訴える一冊だ。

家族が知らなかったエンディングノート

ここで、本書に掲載されているケーススタディを1つ紹介しよう。83歳の男性の事例だ。

男性は、体力と健康にはかなりの自信を持っており、「オレは医者になんか一度もかかったことがない」が口癖だった。しかし、風邪から肺炎を起こし、意識が朦朧とした状態で病院に搬送されてしまう。気管に管を入れ、人工呼吸をしないと助からない状況だという。

救急医から本人の意思を問われるが、家族は答えることができない。その結果、「できるだけのことをしてほしい」と答え、それに応じて救急医は、人工呼吸、心臓マッサージや電気ショック、強い薬を使って男性の命を助けた。

このとき、回復の見込みがない状態の男性に対して、家族は医師から3つの選択肢を示された。

(1)胃ろう、または経管栄養にする
(2)普通の点滴をする
(3)何もしない

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン氏就任式、警護の州兵2人解任 身元調査受け

ビジネス

米フェデックス貨物航空部門、欧州で最大6300人削

ワールド

米、中国のウイグル族「虐殺」を認定 新政権発足直前

ワールド

イラン、トランプ大統領を制裁対象に 任期終了直前

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月