最新記事
海外ドラマ

無名コメディアンによる狂気ドラマ『私のトナカイちゃん』...予想外の大ヒットはなぜ?【ネタばれ注意】

Tale of an Obsession

2024年5月16日(木)14時55分
イモジェン・ウェストナイツ(作家、ジャーナリスト)

ドニーは必ずしも好感が持てる人物ではない。身の毛もよだつような状況の犠牲者であるにもかかわらず、彼の自滅的な決断に、これ以上は共感できないと思う視聴者もいるだろう。

しかし、最後まで見た私の心に残っているのは、マーサの描き方だ。

愛くるしいベビーフェイスのイギリス人女優ジェシカ・ガニングはこの役にぴったりで、ドニーがすぐにマーサの恐ろしさを見抜けなかったのも無理はないと思えてくる。

他人の体のファスナーを開けて中に自分をしまいたくなる、つなぎみたいにあなたを着たい──そんなことを言われているのに。

もっとも、ドラマとしてストーカーを単に異常な悪役として描くのは簡単だ。しかし、『私のトナカイちゃん』は違う。

マーサの行動はぞっとさせられることも多く、本当に許し難くなるときもある。例えば、ドニーのガールフレンドを襲って髪を引き抜き、彼女が外国人だと決め付けて人種差別的な暴言を吐く。

ドニーは次第に、マーサがそんなふうに振る舞う理由に興味を持ち始める。嫌がらせが自分の両親に向かい、ようやく警察に相談するが、脅迫の証拠が必要だと言われ、マーサからの何千件という異常な留守電メッセージを確認しなければならなくなる。

それでもマーサが自分と両親に肉体的な危害を加えると脅した証拠を見つけ、被害届を出し、裁判でマーサは有罪判決を受ける。ところが、ドニーは留守電メッセージを聞くのをやめようとしない。彼女の本当の気持ちを知りたくなったのだ。

全てはあの1杯から...

クライマックスに向けて、ドニーは精神的に追い詰められていく。かつて自分を虐待した性加害者を訪ねて共演することに同意し、パニックの発作を辛うじて抑え、通りがかったパブに入る。

そして、まだ聞いていなかった留守電メッセージの1つを再生したとき、ある疑問の答えをついに知る──マーサはなぜ、自分を「私のトナカイちゃん」と呼び続けたのか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ガザ南部でイスラエル軍が避難命令、16人が攻撃で死

ワールド

ワシントンでガザ攻撃への大規模抗議計画、イスラエル

ビジネス

午後3時のドルは157円前半へ下落、円広範にじり高

ビジネス

中国人民銀、予想外に主要金利引き下げ 成長後押しへ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中