最新記事
イギリス

キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテシー」をマスターしたシャーロット王女の仕草が話題に

Princess Kate and Princess Charlotte's mother-daughter curtsies go viral

2024年4月14日(日)13時00分
ジェームズ・クロフォード=スミス
イギリス王室のシャーロット王女

Chris Jackson/Pool via REUTERS

<キャサリン皇太子妃という「素晴らしいお手本」がいるから、シャーロット王女のカーテシーも完璧だとファンが絶賛>

英王室のキャサリン皇太子妃とその娘であるシャーロット王女が過去に見せた正式なカーテシー(お辞儀)の仕草をまとめた動画がTikTok上で大きな注目を集め、ファンの称賛を浴びている。

■【動画】シャーロット王女、早くも「完璧なカーテシー」をマスター...伝統を重んじる仕草に目を奪われる人が続出

ここ数年、キャサリン妃とシャーロット王女がカーテシーを行う様子は何度も目撃されており、ファンの間で注目が高まっている。カーテシーは英王室の女性メンバーが君主に対して挨拶をする際に敬意を表する伝統的な形式で、その日初めて顔を合わせた時と別れを告げる時の2回、行われる。

カーテシーを行う際は膝を軽く曲げ、お辞儀をする。2022年12月にメーガン妃が、故エリザベス女王に初めて会った時に行ったカーテシーを誇張して再現して物議を醸したことで、このジェスチャーに対する注目度が高まった。メーガン妃のこの時のパフォーマンスに対しては、一部のソーシャルメディアユーザーや評論家から「伝統を揶揄しているように見える」と批判の声が寄せられた。

4月5日に@royaltyluvsがTikTokに投稿した新たな動画は、キャサリン妃とシャーロット王女がこの数年の間にエリザベス女王、チャールズ国王とカミラ女王に対して行ったカーテシーを比較したものだ。

国王の戴冠祝賀コンサートで目撃された「深いお辞儀」

動画に含まれる一部の切り抜き映像は、英ノーフォーク州サンドリンガムにある邸宅で英王室のメンバーたちがクリスマスに教会を訪れた際に撮影されたものだ。君主を含む王室の上位メンバーは毎年クリスマスの礼拝に出席し、その際に少し歩きながら彼らを一目見ようと集まった人々と交流するのが習わしだ。

エリザベス女王は晩年、教会への移動は車で行っていた。車が出る時にキャサリン妃とシャーロット王女が、ベアトリス王女やユージェニー王女など王室のほかの女性メンバーたちと共にカーテシーを行う姿が目撃されていた。

2023年5月にチャールズ国王とカミラ女王の戴冠式が行われた週末には、公の場で何度かカーテシーが行われた。今回の動画に含まれる切り抜き映像には、戴冠式の翌日にウィンザー城の敷地内で開催された祝賀コンサートの際、シャーロット王女が祖父チャールズ国王にカーテシーを行う様子が映っている。このようなコンサートが行われるのは初めてのことだった。

コンサートの公式映像には、チャールズ国王が席につくためにシャーロット王女の前を通った際に、黒いリボンがついた白のドレス姿の王女が深々とお辞儀をする様子が映っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国軍事演習2日目、台湾周辺で「権力奪取能力を検証

ビジネス

アングル:ドイツ不動産市場、外国人が敬遠 経済の傷

ビジネス

独GDP改定、第1四半期は前期比+0.2% 速報と

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    テストステロン値が低いと早死にするリスクが高まる─…

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 9

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中