最新記事

英王室

英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「しつけが悪い!」批判が

Kate Middleton Subject of Parenting Criticism on Twitter Over Jubilee

2022年6月8日(水)20時18分
ジャック・ロイストン
ルイ王子とキャサリン妃

Chris Jackson/Pool via REUTERS

<プラチナ・ジュビリーのイベントでの自由な振る舞いに「親のしつけが悪い」と批判する声が相次ぐも、子どもを持つ親たちからは擁護する声が>

イギリスでは6月2日から4日間にわたって、エリザベス女王の即位70周年を祝う「プラチナ・ジュビリー」のイベントが盛大に行われた。ここで世界的な注目を浴びたのが、イベントに参加した幼いルイ王子の自由奔放なふるまい。しかし、この4歳児の「お行儀」をめぐり、キャサリン妃を批判する声が上がっている。

エリザベス女王のひ孫で4歳のルイ王子ウィリアム王子キャサリン妃の第三子)は、2日の「トゥルーピング・ザ・カラー」パレードで、王族のメンバーとしてバッキンガム宮殿のバルコニーに姿を見せ、「変顔」をしたり、空軍機の轟音に顔をしかめて耳をふさいだりする愛らしい仕草で人々の注目を集めた。

220608web_plk02.JPG

Hannah McKay-REUTERS

また最終日の5日に行われた「プラチナ・ジュビリー・パジェント」の際には、ややご機嫌斜めの様子で、母であるキャサリン妃の口を手でふさぐ場面もみられた。ツイッターユーザーの中には、ルイ王子とキャサリン妃のやり取りを面白いと感じた者もいた一方で、母親に対する態度が悪いとして、キャサリン妃を批判する声もあった。

英スポーツ情報サイト「Squawka(スクウォーカ)」のライターであるモハメド・バットは、次のようにツイートした。「ルイ王子は行儀の悪い駄々っ子だが、子どもの行儀が悪いのは大抵の場合、きちんとしたしつけを受けていないからだ。これは両親の責任だ」

「自分の子どももコントロールできないの?」

別のユーザーは、次のように書き込んだ。「子どもというのは賢くて、自分が行儀の悪いことをしているのをちゃんと分かっている。エリザベス女王が同じ年齢の時には、決してこんな行動はしなかった。キャサリン妃は親として、きちんと子どもをしつけるべきだ」

ちなみにエリザベス女王が4歳だった頃といえば1930年。当時、王室のイベントのテレビ撮影は一般的ではなく、初めてテレビで放送されたイベントは、それから約23年後のエリザベス女王の戴冠式(1953年)だったのだが......。

ツイッター上にはほかにも、「行儀の悪い子どもに、多くの怒りが向けられている。彼はおそらく、家庭でまったくしつけを受けていないのだろう」という意見や、「『なんて親しみの持てる子なんだろう』という意見はどの時点で、『自分の子どもの管理すらできないなんて』という見方に変わるのだろう」という問いかけが書き込まれた。

ウィリアム王子とキャサリン妃は、プラチナ・ジュビリーを終えて公式ツイッターを更新。「私たちは皆、素晴らしい時間を過ごしました。特にルイ......」と投稿し、世間で大きな注目を集めたルイ王子にも言及した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

チリのSQM、韓国現代自・起亜とリチウム供給契約を

ビジネス

UBSが9億ドル確保、クレディSのファンド投資家へ

ビジネス

テスラ、マスク氏の報酬復活に向け法廷闘争を開始

ビジネス

日銀総裁、7月の利上げ「十分あり得る」 買入減額の
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中