最新記事
ファッション

大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

'Euphoria' Star Hunter Schafer Slammed Over 'Tacky' Oscars Afterparty Look

2023年3月17日(金)18時14分
ライアン・スミス
米女優ハンター・シェイファー

ハンター・シェイファー(2019年6月) Eugene Powers-Shutterstock

<アカデミー賞授賞式アフターパーティーに出席した人気女優ハンター・シェイファーのファッションは、「下品」か「最高」か>

人気テレビシリーズ「ユーフォリア/EUPHORIA」に出演している女優ハンター・シェイファーが、ソーシャルメディアで批判にさらされている。「ヴァニティ・フェア」が主催した2023年オスカー・パーティーで着用した、羽でバストトップを隠しただけの「裸同然」の服装が「悪趣味」「下品」などとされたのだ。

■【写真】上半身はバストトップを1枚の羽根で隠しただけの姿で現れたシェイファー

シェイファーは、ニュージャージー州生まれの24歳。3月12日にハリウッドで行われたアカデミー賞授賞式アフターパーティーに出席した。ビバリーヒルズにあるウォリス・アネンバーグ舞台芸術センターに到着したシェイファーは、1枚の羽根をブラジャーに見立てた全身白のアンサンブルで注目を集めた。

ルドヴィック・ドゥ・サン・セルナンが手掛けるブランド「アン・ドゥムルメステール」の露出度の高いトップスは、1枚の羽根を滑らかなストラップで体に取り付けただけのもので上半身はほとんど裸同然であり、バストトップはテープで隠されていた。ボトムは腰の低い位置ではいた白いスカートで、同じく白のプラットフォームヒールを履いていた。

カメラマンにポーズをとるシェイファーの動画がインスタグラムに投稿されると、視聴者から批判的なコメントが殺到した。「これはとても趣味が悪い」と、あるユーザーは書いている。

「あれはファッションではない」

「これはダメだ。プレイボーイのパーティーなのか? それとも、アカデミー賞のパーティーなのか?」と別のユーザーは問い掛ける。「まるで前者のように見える。彼女の体は素晴らしいが、そういう問題ではない。誰がこれを服と呼ぶのだろう?」。また、「胸元にマスクを付けているの?」と問い掛けたユーザーもいる。

さらに別のユーザーは、「女性が着たいものを着ることには全面的に賛成だ......しかし、これは単なる話題づくりで、女性にとっては、前進どころかむしろ後退だ......がっかりした」と感想を述べている。

ほかにも「このようなことを防ぐため、ドレスコードがあったほうがいい」「いっそのこと、裸で行けばいい。あれはファッションではないし、アカデミー賞に関連するものにふさわしくない」といった声もあがった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中