最新記事

ジョンのレガシー

ジョン・レノンを国外追放の危機から救った最強の弁護士【没後40年特集より】

2020年12月23日(水)17時00分
リオン・ワイルズ(弁護士)

NW_BEN_04.jpg

反戦派のジョンとヨーコは米国政府に嫌われていた

「ジョンはすぐに来ます」とヨーコは言った。

「先に、いくつかの点をお知らせしますね。問題は、彼にドラッグ絡みの有罪歴があることです。でも彼は頻繁にアメリカに来る必要がある。仕事の契約とか、レコードや印税とかの話があるから......。それから私たちには娘がいます。私が前の結婚で儲けた子で、キョーコといいます。娘の父は『有名人のジョンとヨーコ』に娘を奪われると思い込んでいて、話にならない。ずっと私たちを避けていたので、ヨーロッパ中を探し回りました」

ヨーコはずっと私の顔を見つめていた。私が彼女の境遇に同情しているかどうか、確かめるためだ。

ジョンは怒った主婦のように

夫の在留資格や自分の悩みに関わる法的問題に、ヨーコは精通していた。

「私たちは米国政府の政策、とりわけベトナム戦争には批判的なので、政権から煙たがられています。滞在延長の申請が却下されたら、私たちは困ってしまう」彼女は前かがみになり、懇願するように手を差し出した。「いざとなれば、彼らは私のパフォーマンスを口実にするかもしれない。私がやるのはコンセプチュアルアートで、やり方が普通じゃない。ここのフィルハーモニックを聴きに行って、そのとき座席で立ち上がって、楽団を指揮したんです。お金はもらってないし、たいていの人はパフォーマンスと認めないでしょうけど、これは私にしかできないアートなんです」

自分はジョンの妻である以前に1人の芸術家だと、ヨーコは言いたかったのだろう。アランはしきりにうなずいていたが、彼のボスのクラインはまるで無関心で、相変わらず彼女を見ようともしない。

すると奥の部屋から、茶色の髪をほとんど肩まで垂らした細身の若者が姿を現した。ジョン・レノンだ。その笑顔は気さくで尊大さのかけらもなく、私に握手を求めてきた。

「あなたが入管法に強い弁護士さんですね、こんにちは」それから、来客に何も出していない亭主に腹を立てた主婦のように、「お茶を入れますね」と言った。彼はキッチンに行き、やかんを火にかけ、戻ってきて私に尋ねた。「私たち、ずっとここにいられますか、キョーコが見つかるまで?」

そこでクラインが口を挟んだ。ジョンがアメリカに来るときはいつも自分が代理人を務めてきた、議会にも働き掛け、彼のマリフアナ所持の有罪歴が問題にならないようにしてきたんだ......。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、722円安 米長期金利上

ビジネス

G20財務相・中銀総裁会議、景気対策の継続表明へ=

ワールド

NZ中銀総裁、緩和策の継続を再度表明

ビジネス

東京市場はトリプル安、米金利上昇で「金融相場」に波

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月