最新記事

エンターテインメント

韓国発の超大作『キングダム』、台湾・香港版タイトルが韓国で炎上 新型コロナウイルスもあって問題化

2020年3月31日(火)21時01分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

Netflix側はタイトルを変更したものの、早めにプロモーションを開始した台湾メディアでは今も『李屍朝鮮』という名称が残っている『キングダム』 MTV 我愛偶像 Idols of Asia / YouTube

<ネット配信サービスで、世界同時に新作が公開されるような時代になって、タイトルの付け方をめぐるトラブルも>

コロナ感染拡大による世界規模での"引きこもりライフ"が始まり、動画配信サービスの需要が一気に高まりを見せている。特に、Netflixには「Netflix Party」という離れた友達と同時タイミングで動画を再生できるGoogle Chrome向けプラグインがサードパーティーからリリースされ、映画館に行けない人々の不満を解消してくれているようだ。

Netflixに数あるコンテンツの中で、韓国ドラマは多くの作品が世界配信されるほど人気があるジャンルだが、その中でも注目を集めているオリジナルドラマ『キングダム』のタイトルを巡って波紋が広がっている。

『キングダム』は、2019年1月に配信がスタートしたNetflixのオリジナルドラマだ。日本に同名のコミックや映画が存在するがまったくの別物で、韓国の時代劇でありながらゾンビを扱った異色ドラマで、配信前から注目されていた。

制作費1話1億円の超大作

Netflixのドラマといえば、その製作費が毎回ニュースに取り上げられるほど高額で有名だ。山田孝之がAV監督村西とおるの半生を演じた『全裸監督』も、1話1億円の高額制作費が話題となった。しかし、この『キングダム』の製作費は、なんとその2倍の1話2億円だという。日本国内のドラマで最も制作費をかけていると言われるNHK大河ドラマでさえ1話5000万円から7000万円程度なので、その規模の違いがおわかりいただけるだろう。

2019年に配信されたシーズン1では、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ「2019年インターナショナルTVショーベスト10」に選ばれるほど評判となり、今月13日には満を持してシーズン2の配信が始まった。

もともとアメリカではゾンビ映画が好まれる傾向にあるが、既にそのレパートリーは出尽くし、ネタ切れしていたところにアジアの時代劇×ゾンビが登場したことで高い評価を得たようだ。

また、最近では新型コロナウイルス対策で自宅謹慎が始まると、感染病を扱った作品が注目を集めだした。『アウトブレイク』や『パンデミック〜知られざるインフルエンザの脅威〜』などの視聴数が増える中、『キングダム』も疫病が広まるようにゾンビたちが増殖していくことから、ネットを中心に口コミで人気が上昇している。

そんな順風満帆なドラマ『キングダム』がったが、シーズン2の配信が始まる直前からある問題が浮上した。

ニュース速報

ワールド

ブラジル新型コロナ感染者が50万人突破、死者3万人

ワールド

トランプ政権、ブラジルに抗マラリア薬200万回分供

ワールド

EU、米にWHOとの関係断絶巡り再考求める

ワールド

ポルトガルが封鎖解除第3段階へ、リスボン地域は一部

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月