最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

VISITING JAPANESE-STYLE BAKERIES IN SEOUL

2020年2月21日(金)15時20分
朴順梨(ライター)

人気ランキングの1位はやきそばパンという日本人経営の「青い鳥」はカフェスペースも併設、職人がオープンキッチンに立つ HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN

<「韓国のパンはまずい」と90年代には思っていた。そんなパン不毛の地だった韓国に今、「日本のパン屋」が増加中。総菜パンに生食パン。ソウルの2店舗を訪ね、話を聞いた。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集より>

日本で生まれ育った筆者が、韓国との行き来を始めた90年代半ば頃はずっと、「韓国のパンはまずい」と感じていた。高級デパートで買ったものですら、おいしいと思ったことはなかった。
20200211issue_cover200.jpg
しかしパティシエが主人公のドラマ『私の名前はキム・サムスン』が放送された2000年代に入ってから、韓国のパンやケーキは格段に味を上げていった。その一端を担ったのが、日本で学んだパティシエや日本人のオーナーシェフたちだ。

「韓国に初めて来たのは2010年だが、激しく変化している最中だったように思う。カフェやベーカリー、スイーツのブームがちょうど来ていて、その場で作って販売する店が流行し始めていた」と、ベーカリー「青い鳥」のオーナー、小林達(すすむ)は言う。

magSR20200221korean-bakeries-2.jpg

「青い鳥」の外観 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN

日本人の小林が手掛けるこの店は、2014年に首都ソウル市の弘大地区にオープンして以来人気を博している。カフェスペースも併設するベーカリーだが、この日も朝から女性4人組やカップルがブランチを楽しんでいた。

「いらっしゃいませ。青い鳥イムニダ」。店に入ると、日本語と韓国語がミックスされた挨拶を受ける(イムニダは「~です」の意味)。並んでいるのはメロンパンやチョココロネなど、日本でなじみのものばかりだ。店内に掲げられた「人気パンベスト5」には1位がやきそばパン、2位はえびカツバーガーと書かれている。

小林はソウルの他店で3年間働いてから独立したが、2011年に渡韓した直後は「マシッソヨ(おいしい)」ですら分からなかった。今では流暢に韓国語を話すが、店名はあえて日本語表記にした。

「そのほうが自分でも愛着が持てると思ったのと、日本人がやっている日本風のベーカリーということを見せても、評価してもらえるだろうという自信があったから」

magSR20200221korean-bakeries-3.jpg

総菜パンが並ぶ「青い鳥」の店内 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN

顧客は約95%が韓国人

パンは高級グルメではなく、生活の中にあるもの。だから小林は、手軽に買える値段を維持するため、韓国で流通している材料のみを使用する。

「小麦粉の種類が日本よりも少なくて個性が出しにくいところもあるが、ある材料で十分楽しく作れている。やきそばパンが一番人気なのは意外だったが、『炭水化物に炭水化物が入っていて珍しい』と言われたり、日本への留学経験者が『懐かしい』と手に取ってくれている」

常に約70種のパンを並べている同店の客は、約95%が韓国人。日本人との違いは、ナイフとフォークを使いたがる点だ。やきそばパンですらナイフで切ってフォークで食べる人が多いという。

ニュース速報

ワールド

4月の韓国国政選挙、新型コロナ感染者は不在者投票が

ビジネス

JAL、役員報酬10%を4―6月まで自主返上 コロ

ワールド

緊急事態宣言の状況にない、ぎりぎり持ちこたえている

ワールド

バイデン氏とトランプ米大統領、新型コロナ対応巡り協

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月