最新記事

映画

「千と千尋の神隠し」中国大ヒットを支えた黄海とは? 韓国では固定ファンもいる映画宣伝のデザイナー

2019年6月27日(木)20時30分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

中国で大ヒットとなった『千と千尋の神隠し』はデザイナー黄海の手になるポスターが話題となった (c)电影千与千寻 - 微博

<SNSや動画サービスが発達した今でも、映画ファンが新作について最初に触れるものといえばポスターやブローシャーなどのキービジュアル。これらの出来の善し悪しは観客動員にも影響を与えるようだ>

6月21日、中国で映画『千と千尋の神隠し』が初公開された。日本では歴代興業収入1位の大ヒット作としておなじみのこの作品だが、中国では去年の12月公開された『となりのトトロ』に続き公式に封切られたのは今回が初めて。中国では国内映画産業保護のため、外国映画は年間34本という上映制限があるため18年遅れての初公開となったのである。初日の興行収入は5410万元(約8億4500万円)を記録し、同じく21日に封切りされたハリウッド映画『トイ・ストーリー4』の3倍の収入をあげ、上々の滑り出しとなった。

『となりのトトロ』『万引き家族』も手掛けた黄海

映画公開や興行成績はもちろんだが、それよりも話題となったのは中国版のオリジナルポスターだ。日本でもTwitterで広く拡散された為、目にした方もいるかもしれない。この作品のポスターを手掛けたのは、黄海(ホアン・ハイ)という中国のデザイナーである。『千と千尋の神隠し』以外にも、日本映画では『となりのトトロ』『万引き家族』も担当し、情緒のある芸術性の高い素晴らしい作品に注目が集まっている。

2007年からフリーで映画などのポスターデザインを手掛けており、すでに中国のみに留まらず海外でも「中国映画のポスターを変えた男」と呼ばれ有名だ。中国映画の国際版ポスターも数多く担当しているため、中国映画が海外の映画祭などで上映される際、彼の手掛けたポスターも一緒に注目される。特に、中国やアジアのテイストを取り込んだ作品が多いので欧米の人びとには印象的に映るだろう。『万引き家族』のポスターは浮世絵のような5人の家族の後ろ姿に、大きな傘が彼らを守るように描かれていて、美しさと家族の繋がりの儚さがひと目でわかる作品を象徴したようなポスターだった。

この黄海氏以外にも最近、中国の映画ポスターが話題となることが多い。ハリウッド版ゴジラの最新作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のティーザーポスターでは、一見、桜舞い散る日本の庭園のようなビジュアルが展開される。池の向こう側には富士山もかすかに見える美しい絵である。これの一体どこがゴジラなのか。見た瞬間わからなかったが、桜と池から続く小川で縁取られたのがなんとゴジラの姿なのだ。このだまし絵のようなポスターアイディアが目を引きSNSで広く拡散された。各国、天に向かって火を噴くゴジラや雄叫びを上げる恐ろしいゴジラの姿を前面に出している中、メインポスターではないにしても、中国版ポスターでは日本の美でゴジラを表現した発想には驚かされる。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏の弾劾裁判が審理入り、運営規則案巡り与野

ワールド

米、中国に核兵器交渉への参加要請 ロシア含む三カ国

ワールド

独首相、多国間外交に中国含むべき 「新たな二極体制

ワールド

ロシア大統領、新内閣を承認 主要閣僚横滑り

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 3

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

  • 4

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 5

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 8

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 7

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月