最新記事

日本

日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味があるのか

2019年6月19日(水)12時19分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

漢字から浮かび上がる神様の個性

日本という国を創った「国生みの神」であり、夫婦でもある「いざなぎのみこと」と「いざなみのみこと」は、漢字では「伊邪那岐命」「伊邪那美命」と書く。

漢字本来の成り立ちから、それぞれの意味は次のとおり。「伊」は天地の間を調和する人格、「邪」はアンバランスなこと、「那」はたっぷり多いという意味、「岐」は枝分かれした山路、そして「美」は、ふくよかで神に捧げるに相応しい犠牲としての羊のことを言うそうだ。

kanjibook190619-chart1.png

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』130ページより)

kanjibook190619-chart2.png

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』131ページより)

一方、音という点で見れば、「伊邪(いざ)」は相手を誘うときや呼びかけるときの言葉であり、「那岐(なぎ)」は「凪」と同音なので穏やかで静かであることを表し、「那美(なみ)」は「無」で無くすことを意味するという。

そして、多くの神様の名前にも使われている「命」は天からの使命を意味するので、つまり、天と地を調和する夫婦で一対の(=アンバランスな)神様であり、「伊邪那岐命」は人の世を安定させる神様、「伊邪那美命」は人の命を無くす神様ということになる。

実は、伊邪那岐命と伊邪那美命は夫婦としてたくさんの神様を生み、日本という国土に必要な全てのものを造ったが、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ/火の神様)を生んだ際に負った火傷が原因で、伊邪那美命は亡くなってしまう。そして、人の死を司る神様となったのだ。

人間の生と死を創った神様、それが「伊邪那岐命」「伊邪那美命」だ。漢字の意味や成り立ちを丁寧にひもとくことで、神様の個性だけでなく、背後にあるストーリーまでもが浮かび上がってくる。

名前に込められた深い意味を知る

伊邪那美命が亡くなったとき、妻を忘れられない伊邪那岐命は黄泉の国まで迎えに行くが、その身体は腐ってウジが湧いていたという。それを見た伊邪那岐命は逃げ戻り、穢れを落とすために禊ぎを行った。このときに生まれた神様のうちのひとりが「天照大神(あまてらすおおみかみ)」だ。

kanjibook190619-chart3.png

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』18ページより)

『古事記』などで国家の主神とされている神様であり、人々に偉大な自然の恵みを与えてくれる太陽の神様だ。4つの漢字で表されているのは、「人の頭上に大きく広がり(天)、地上のすみずみまで光を注ぐ(照)、たっぷりとゆとりのある(大)、不思議な自然の力(神)」。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月