最新記事

レゴ

日本でただ1人、レゴ社認定プロの知られざるメリットと悩み

2018年9月11日(火)16時10分
森田優介(本誌記者)

Newsweek Japan

<世界で16人しかいないレゴ認定プロビルダー。どうやってプロになったのか、「ただの1ファン」と何が違うのか、どのような生活を送っているのか......。好きなレゴを仕事にした日本唯一のプロビルダー、三井淳平に聞いた>

LEGOmook_cover200.jpg

※レゴブロック誕生60年を記念し、本誌は特別編集ムック「レゴのすべて」を8月31日に発売。その歴史から製造現場の舞台裏、ミニフィギュア(ミニフィグ)誕生秘話、人気シリーズの紹介まで、本拠地デンマークでも取材を行ってレゴの魅力に迫った。レゴブロックの読者プレゼント、一部書店で先着限定特典キャンペーン(カイのファイヤードラゴン)も実施中。

その会社は、東京の都心から西に少し離れた住宅街にある。オフィスは地下1階の1フロアで、広さは100平方メートル超。窓はほとんどない。

オフィスといっても、一般的なオフィスと違って、背丈ほどの高さの半透明キャスター付き収納ケースや段ボール箱が、やや乱雑に所狭しと置かれている。自由に動ける空間は少なく、他にはデスクが1つとテレビが1台。収納ケースと段ボール箱の中身は、色・種類別に分けられた、おびただしい数のレゴブロックだ。

ここは三井ブリックスタジオ。日本初にして、今も日本唯一のレゴ認定プロビルダーである三井淳平のオフィスである。

三井によれば、レゴブロックの保存状態を良く保つためには地下がいいのだという。また、その場所に居を構えた理由は、高速道路のインターチェンジに近いから。依頼を受けてレゴで作った作品は、国内であればトラックで配送するので、この立地が便利なのだ。

すべてはレゴのため――。それが、世界でわずか16人しかいない認定プロビルダーの1人であり、レゴだけで生計を立てている三井の「工房」だ。

とはいえ、「認定プロビルダー」とはいったい何なのか。レゴ社に雇われるわけではないというが、では「ただの1ファン」と何が違うのか。認定されると、どうなるのだろうか。

(今年8月から大阪・梅田の阪急三番街で展示されている)


中学から作品を発表、タイで声を掛けられた

三井は1987年、兵庫県明石市で生まれた。レゴが大好きで、中学3年生の頃にはすでに小遣いをはたいて海外からパーツを買うようになっていた。

高校3年生で『TVチャンピオン』(テレビ東京系列)の「レゴブロック王選手権」に出場。予選を突破してデンマークで行われた決勝に進んだ(結果は準優勝)。中学生のときから自分のホームページでオリジナル作品を発表しており、それもテレビ出演につながったという。

その後、東京大学に進学するとレゴ部を創設。仲間たちと作った安田講堂を学園祭で展示して話題になる一方、ネットを使って、個人でもレゴ作品を発表し続けた。さらにはレゴブロックを使ったイベントに携わり、依頼を受けてイベントや店舗で展示する作品を制作するなど、活動の場を広げていく。

レゴを使った活動で「東大総長賞」を受賞。そして、東大大学院で材料工学の研究をしていた2011年、プロに認定された。世界で13人目だった。

「嬉しかったですね」と、三井は振り返る。「タイでレゴのイベントをやったときに、デンマーク(レゴ本社)からレゴの担当者が来ていて、その人に『認定ビルダーの制度があるけれど興味はあるか』と声を掛けてもらった。それから、やり取りをして、あとは審査結果を待つだけだった」

三井によれば、レゴ認定プロビルダーは審査の試験があったり、毎年採用枠があったり、大会で選ばれたりするものではない。大きな作品を作った実績やイベントを行った実績などを評価され、推薦されたり、自ら手を挙げたりするのだという。

また、1カ国に1人などと人数が決まっているわけでもなく、その国・地域のマーケット規模も考慮して認定するようだ。現在、レゴのマーケットが大きいアメリカや中国には複数の認定プロビルダーがいる。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月