最新記事

映画

アメリカ社会に隠された閉塞感を描いたクライムサスペンス『ウインド・リバー』試写会ご招待

2018年6月19日(火)00時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

© 2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<アメリカ中西部のワイオミング州を舞台に描かれるのは、生きていくのにはあまりにも厳しすぎる自然環境と人びとの孤独だ──>

昨年、第70回カンヌ国際映画祭で「ある視点部門」監督賞を受賞したクライムサスペンス『ウインド・リバー』。脚本・監督を務めたテイラー・シェリダンは、アメリカに潜む問題を浮き彫りにした『ボーダーライン』『最後の追跡』でアカデミー賞脚本賞に連続ノミネートされており、本作が初監督になる。シェリダンにとってこの3作が、現在の西部開拓地域を通してアメリカ社会の問題を描く"フロンティア3部作"だという。

物語の舞台は厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地"ウインド・リバー"。そこは先住民の居留地ということで自治権が与えられ連邦政府の管理が及ばない。ある意味では見捨てられた土地とも言える。そんな場所で起きる殺人事件を通して、色濃い差別、偏見が渦巻くアメリカ社会の闇が浮き上がる。

 今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を7月19日に開催、読者の方60組120名様をご招待。

[ストーリー] 雪深いアメリカの、ネイティブアメリカンが追いやられた土地"ウインド・リバー"で見つかった少女の死体──。新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)は、FBIから単身で派遣されるが、慣れない雪山の厳しい条件により操作は難航。そこで、地元のベテランハンターで、遺体の第一発見者であるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)に協力を求め、共に事件を追うが、そこには思いもよらなかった結末が......。

[監督・脚本]テイラー・シェリダン
[出演]ジェレミー・レナー(『アベンジャーズ』シリーズ)、エリザベス・オルセン(『マーサ、あるいはマーシー・メイ』)、ジョン・バーンサル(『ボーダーライン』)ほか
[提供]ハピネット/KADOKAWA
[配給]KADOKAWA
【オフィシャルサイト】wind-river.jp
2018年7月27日(金)角川シネマ有楽町ほか 全国ロードショー


『ウインド・リバー』試写会
日時:2018年7月19日(木)18:00開場/18:30開映予定(上映時間:107分)
会場:神楽座 東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1F

応募締切:2018年7月3日(火) 12:00


submit.png


※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相、交渉合意に自信 欧州側

ワールド

対米投資審査厳格化で合意、国防権限法案に盛り込み=

ワールド

原油先物上昇、サウジが8月の輸出減少見通し示す

ワールド

米ロ首脳会談で「何が起きたか知らない」=米国家情報

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 6

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    自殺教唆ゲーム『ブルーホエール』プレイ後、子供2人…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月