最新記事

食育

味覚の95%は鼻で感じる──味覚を育てる「ピュイゼ理論」とは何か

2017年10月19日(木)16時33分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

味覚の教育とは「言葉」を育てること

ある年齢になると、それまでは普通に食べていたものを急に嫌がるようになる子供がいる。それは味覚が変化したからというより、子供の成長過程における「拒否」だという。体にいいからと無理に食べさせられることへの拒否だったり、あるいは、新しいものに対する拒否であったり。子供の「嫌い」は自己主張の1つなのだ。

実は、味覚(味)というもの自体が、人それぞれの主張であり、表現だと言うことができる。ピュイゼ博士曰く、「『味覚』そのものが存在するのではない」。全ては人が食べ物や飲み物を口にして味わい、あらゆる感覚を通して感じたものを脳に伝え、その情報を表現した「言葉」なのだ。

だから、子供たちに味覚の教育をするということは、自分が感じたものをどう表現するかを教えることでもある。ピュイゼ博士の「味覚を目覚めさせる授業」を受けていない子供は、匂いを表現する語彙があやふやだったのに対し、授業を受けた子供は的確な表現をするようになったという(覚えているだろうか。味覚の大半は嗅覚なのだ)。

ピュイゼ博士は、子供たちが味覚を自由に楽しめるよう、あらゆるチャンスを与えてほしいと述べている。栄養面ですぐれた食事じゃないとダメとか、昔ながらの食事がいいということではなく、菓子パンとジュースだけでは、得られる感覚の範囲が狭すぎて「味覚を開花」させられないからだ。


私は個人的には、コカコーラやケチャップ、キャンプ用の簡易食品を食べる子どもを見てもあまり憤りを感じません。私の願いは、そういう子どもたちがそういう食品しか知らないのを避けたいだけです。子どもの味覚が開花するのを助けるのは私たち、(中略)もし子どもが「偏った味覚の持ち主」になるなら、それは特別の場合をのぞき、私たちのやり方に問題があったということです。(11ページより)

なお本書は、ピュイゼ博士の理論に基づく味覚教育を、日本の一般家庭でも実践できるテキストになっている。その理論をベースに、日本ならではの食文化や風土を大切にした味覚教育を行うため、ピュイゼ博士の許可の下、日本人監修者によってメニューが改訂された。食材や料理は日本向けのものになり、都道府県別の食の特性を考えるページも追加されている。

人の味覚は小学生のうちに決まるらしい。だとすると、今の自分の好き嫌いはどこに要因があるのか、ひょっとしたら味以外の感覚が原因でアプローチを変えれば食べられるようになるのか......。子供に教えるだけでなく、自分の味覚を見直すきっかけにもなりそうだ。


『子どもの味覚を育てる
 ――親子で学ぶ「ピュイゼ理論」』
 ジャック・ピュイゼ 著
 石井克枝・田尻泉 監修
 鳥取絹子 訳
 CCCメディアハウス

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れ…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月