最新記事

統計

アナキンは96人、ダース・ベイダーは11人殺している

『スター・ウォーズ』過去6作をグラフにしてみると、はるかかなたの銀河系の戦争も違って見えてくる

2015年12月28日(月)19時34分
ナタリー・モーリン

恐るべき…… ホスの戦いでは20人がストームトルーパーに殺されている LewisTsePuiLung-iStockphoto.com

 世界中のファンたちは、10年待ってようやく、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開を祝うことができた。上映時間135分のこのシリーズ最新作は、早くも批評家の称賛を得たばかりか、公開から12日間で世界興行収入が10億ドルを突破する見込みで、映画界の記録を塗り替える数字を叩き出している。

『スター・ウォーズ』シリーズ全体で見ると、数字はもっと大きくなる。PrettyFamous(編集部注:当記事の提供元Graphiqの姉妹サイト)は、ムービーパイロット(MoviePilot)やグレースノート(Gracenote)、マティッシュ(Mattish)、そしてYouTubeのデータを使い、このシリーズの興味深い統計をまとめた。遠い昔、はるかかなたの銀河系で起きた出来事を詳しく知ることのできる統計だ。

 まだ推定値だが、『フォースの覚醒』の興行収入約6億5000万ドルは、インフレ調整なしだと、これまでに公開された映画を大きく上回る。これまでの最高額は『エピソード1/ファントム・メナス』が1999年に達成した約4億7400万ドルだった。

 だが、インフレ調整後の興行収入を比較すると、シリーズ第1作の『エピソード4/新たなる希望』が大儲けしている。1977年に封切られた本作は4億6000万ドルを稼ぎ出したが、この額は現在の価値に換算すると約18億ドルに相当する。シリーズだけでなく映画界全体で見ても、素晴らしい数字だ。興行収入としては、これは映画史上2番目の金額である。

『スター・ウォーズ』シリーズの過去6作品のうち3作品は、歴代興行収入のベスト10に入っている。『フォースの覚醒』も、ここにランクインする可能性は十分にあるだろう。

 次は、物語の内容に関する数字だ。「エピソード4~6」のオリジナル3部作では、ダース・ベイダーが指揮するストームトルーパーの軍が主人公たちと戦うが、多くの場合は有り難いことに攻撃に失敗する。とはいっても、時には攻撃が成功し、主人公の仲間が殺されることもある。下のグラフは、ストームトルーパーたちが殺した人数を示している。

 最も多くの命が奪われた戦闘は、『エピソード5/帝国の逆襲』における「ホスの戦い」であり、20人が死んでいる。

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月