最新記事

話題作

アデルとレアをカンヌが大絶賛

最高賞のパルムドールを受賞したレズビアン映画『アデルの人生』の魅力

2013年6月14日(金)15時15分

はまり役 性描写も含め、演じたのがエグザルコプロス(右)とセドゥだからこそ成功した Eric Gaillard-Reuters

 先週のフランス南部は愛に満ちあふれていた。同性婚合法化に伴い、男性同士の初の結婚式がモンペリエで行われ、その直前にはカンヌ国際映画祭でレズビアンのカップルを描いた『アデルの人生』(アブデラティフ・ケシシュ監督)が最高賞のパルムドールを獲得した。

 同作は前評判も高く、審査員の満場一致で受賞が決定。人気グラフィックノベルを原作に、15歳の高校生アデル(アデル・エグザルコプロス)と、年上の美大生エマ(レア・セドゥ)が恋に落ち、やがて別れを迎える数年を描いている。

 評論家らの注目を集めたのは中身そのものより、女同士の濃密な10分間ものセックスシーン。のぞき見趣味、ポルノという批判もあり、「監督のあそこが画面に見えた感じ」と語る女性批評家もいた。原作者ジュリー・マローも「ポルノ」「私を落ち着かない気分にさせた」「ばかばかしい」とブログで批判した。

 しかし審査員長のスティーブン・スピルバーグは「これは素晴らしいラブストーリー。だから私たちには、こっそりと見るのが恥ずかしいことではなく、特別なことに感じられた」と称賛。その性描写も含め、エグザルコプロスとセドゥだからこそ卓越した作品に仕上がったと指摘した。「配役がちょっとでも違えばうまくいかなかっただろう。感性豊かな映画監督の完璧な選択だ」

 パルムドールの発表では例年は監督のみのところ、ケシシュと共に2人の名前が呼ばれた。本来なら女優賞も与えたいという審査員の思いからだ(カンヌでは、最高賞と他の賞が重複できないという規則がある)。

 新進女優のエグザルコプロスは知名度が一気にアップ。受賞後は「みんなに寛容というものを示せたらうれしい」と語った。

 セドゥは憂いを含んだ瞳と丸っこい鼻が印象的なフランスの若手注目株。『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などハリウッド作品にも出演し、最近では仏映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』で、アントワネットに思いを寄せる朗読係を演じた。

 彼女がインタビューで語ったところでは、セックスシーンは作り物の性器を着けて臨んだという。困ったのは観客席に父親を見つけたときだ。「父は『すごく良かった。あのシーンは見なかったけど』って言って、私も『もちろん見なくてよかった』。『ああ、見なかったよ』『見なかったわよね』って......」

 体当たり演技も、1人の娘としてはやはり恥ずかしいものか。

[2013年6月11日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中