最新記事

株の基礎知識

「つみたてNISAから」と助言したのに、母が突然デイトレードを始めた本当の理由

2022年12月22日(木)16時35分
井本ちひろ ※かぶまどより転載

写真はイメージです monzenmachi-iStock.

<投資経験がまったくなかったのに、突然デイトレードを始めた母。そんな母にはある変化が......>

きっかけはテレビドラマ

母が初めて「デイトレード」というものを知り、興味をもつきっかけとなったのは、テレビドラマ「きのう何食べた?」(テレビ東京)でした。

作中に出てくるジルベールこと井上航(磯村勇斗)が、1日2万円を目標にデイトレードをし、その他の時間は自由なことをしている姿を見て、「自分もやってみたい」と思ったそうです。

当時の母は投資未経験なうえに、パソコンを使うこともほぼありませんでした。そのため、「デイトレードしてみようかな」とボソッと言うのを聞いた私は「まずはつみたてNISAから始めてみたら?」とアドバイスをしていたのですが、気づけば父とともにトレーダーデビューを果たしていました。

母がデイトレードを始めるきっかけになったのは、ドラマだけではありません。「預貯金に利息がほぼつかないこと」も、デイトレードに挑戦することになった大きな理由のひとつだそうです。

定期預金をするイメージで少しずつ資産を増やしていくならば、「つみたてNISA」という初心者にぴったりの選択肢があります。しかし、母としては「投資は時間がかかるから、すぐに結果を数字として出したい!」と思ったのだとか。それで、「習うより慣れろ」の精神で飛び込んでみたというのです。

とはいえ、まったく無知識で挑むのはさすがにリスキーすぎるとわかっていたので、ひとまずYouTubeで少しだけ知識を得て、トレード生活をスタート。1日の目標利益を5,000円に定めて、大きな利益は狙わず、まずは少額から始めたのでした。

トレードを始めて変わった母

投資未経験で株式市場という大海原に飛び込み、なかでも知識だけでなくスキルが必要とされるデイトレードに挑戦した我が母。実際にトレードをしてみた感想を聞くと、「株価が上下するのを見るのはおもしろい」という回答が真っ先に返ってきました。

母は現在は専業主婦ですが、もともとは生命保険会社や結婚紹介所の仲人として、ずっとフルタイムで働いてきました。これまでは外にいる時間がほとんどだったわけですが、退職を機に家にいる時間が一気に増えて、「何かを始めなければ」という気持ちがあったのだとか。

デイトレードを始めてからの母は、企業情報や為替市場の動きなどに敏感になりました。私が「スプラトゥーン3」を購入した話をすると、ゲームの発売によって任天堂の株価が急上昇したことを教えてくれたりもしました。

また母は、デイトレードを始めるまでは完全に「夜行性」でした。深夜の2時3時まで韓国ドラマやアニメを見たり、「モンスターハンター」や「ゼルダの伝説」などのゲームをしたりして毎晩夜ふかし。朝は8時か9時頃にようやく起きるという、まるで学生のような生活をしていたのです。

(参考記事)「投資」と「トレード」は別物 株の勉強をする前に知っておくべき大事なこと

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

パキスタンで警察標的の自爆攻撃、死者59人に TT

ワールド

米国務長官、イスラエル・パレスチナ双方に沈静化要請

ワールド

中国海警局、日本の船舶5隻追い払う 尖閣周辺海域で

ワールド

豪仏、ウクライナ向け砲弾を共同製造へ 防衛面で協力

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月