最新記事

投資の基礎知識

人生経験が役立つ! 50歳の人こそ今から株を始めるべき理由

2018年8月10日(金)17時30分
高株 昇 ※株の窓口より転載

MangoStar_Studio-iStock.

<バブルもバブル崩壊も、リーマンショックもくぐり抜けてきた。資産運用においても、50代ならば20代や30代とは違った判断ができるはずだ>

最近の50代のライフスタイルは多様化している。住まいも持家・賃貸・社宅など様々で、三世代同居の大家族もいれば、一人暮らしの人もいる。

すでに孫に囲まれている人、これから子どもの教育費が大変な時期にさしかかる人、住宅ローンが長く続く人、親の介護をしている人、夫婦共働きで生活にゆとりがある人、独身で仕事一筋の人......など、百人いれば百通りの人生を歩んでいる。

社会人デビューからまもない20代前半の人が株を始める場合と違って、手持ちの資産状況も様々だ。したがって、現在ある資産を、老後に向けてどのように活用していくかを考えた投資方法が必要になってくる。

50年の経験は投資にも役に立つ

ライフスタイルは人それぞれでも、50代に共通しているのは、一般的に定年が近づいてきて収入はピークから下り坂になり、セカンドライフを考えざるを得なくなることだ。気力・体力・集中力が年々衰えてくるのも否めない。

こうした状況でむやみに株を始めても、大きな失敗をしたら取り返しがつかなくなる。老後のための蓄えが吹っ飛んでしまうかもしれない。

そんなことを言われたら何だかネガティブな気分になった......という"アラフィフ(50歳前後)"の人もいるかもしれない。だが、経験のない人からすれば株式投資は未知の世界で、しかもリスクがあるのだから当然だろう。それに、株で大儲けできるのは、ほんの一握りだとも言われる。

それでも、株で着実に資産形成していくことは十分に可能だ。株を始めることで新たな世界も見えてくる。何より、50年の人生経験が投資に役立つことも少なくないのだ。

今50歳の人は学生時代にバブルを迎え、社会人になってからはバブル崩壊、相次ぐ金融機関の破綻と再編、アナログ社会からIT社会への変貌、リーマンショック、消費税の引き上げ、少子化・超高齢社会で現役世代の社会保障負担の増加......など、経済分野だけでも激動の30年を経験してきた。

もはや忘れているかもしれないが、大なり小なり人生の節目では、何度か大事な決断を迫られることもあったのではないだろうか。その決断は、良い方向に向かうこともあれば裏目に出たこともあっただろう。

株式投資も同じだ。買った株が短期間で大きく値上がりすることもあれば、その逆もある。そのときどうするかの選択肢は3つ――売るか、買い増しするか、しばらく様子を見るか。そのとき、激動の30年を経験している50代ならば、20代や30代とは違った判断ができるはずなのだ。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月