最新記事

キャリア

自己実現か社会貢献か、物質主義か非物質主義か──古い「転職」観は捨てよ

2018年7月30日(月)17時30分
松野 弘(千葉大学客員教授、現代社会総合研究所所長)

日本も第二次世界大戦以前は、貴族・官僚・経営者等が社会の上流階級で、農業従事・商人・労働者等は下流階級であった。同じ職種間の移動は可能であったが、下流階級から上流階級への移動はきわめて困難であった。

戦後の民主主義社会になり、経済的にも安定した高度成長期になると職業移動は安定化したが、経済のグローバル化が進展し、世界的にも景気が後退期に入る1990年代になると、サラリーマンの「転職率」(労働者に占める転職者の割合)が従来の3~4%前後から、5%以上へと次第に高くなってきた。

この背景には、高学歴化や自発的な職業選択、より報酬の高い職業を求める経済的な欲求の高まりなどがあげられる。

筆者の友人の中にも、より高い生活保障給を求めて、日本の企業から外資系の企業へ転身したり、日本の大手企業から外国の大手企業へ移ったりしていく者もいた。もちろん、まずは卓越した語学力が必要であり、その分野のエキスパートとしての能力がなければこうした転職は不可能だ。

ただ高い報酬を求めるのではなく、「人生四毛作」で転職を

一般に「転職」には、(1)仕事志向的(物質主義的)~金を稼ぐために転職する、(2)自己実現志向的(非物質主義的)~個人としての生きがいのある仕事(自己実現)を求めて転職する、(3)中間志向的(物質主義的+非物質主義的)~世の中に役に立つべく、社会的使命をもった仕事(有給の非営利組織等)に転職する、といったようなパターンがみられる。

「転職」といえば、より高い労働対価を求めて転職するのが基本であるが、報酬は低くでも生きがいのある仕事をしたいという、上記(2)のパターンが増えてきたのが最近の傾向である。

これまで日本人の職業意識においては「一社一生」という考え方が一般的であったが、今日では、人生は一回きりだから、自分のやりたい仕事をしようという人たちが増えていることは確かだ。大手企業のサラリーマンから、農業や漁業といった第一次産業への転身を図る人も最近では見かけるようになった。

いろいろな職業経験を経て、最終的に、自分のやりたい仕事をするというのがサラリーマンの理想である。「転職」はそのためのチャンスであり、修行でもある。こうした目的を達成していくためには、思いつきでやってもうまくいかない。

自らのライフデザイン(人生設計)を最初の就職時からきちんと決めておくことが大切だ。筆者は「人生四毛作」論を提唱している。就職時の22歳から定年時の60歳までの約40年間を10年ごとに区切って、「転職」することで、経験を積み重ね、最終的には自分のやりたい仕事をやるように目標設定することだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

ビジネス

米ハイテク株主導で続伸、ダウ週間で4週連続値下がり

ビジネス

ドル上昇、週間では4月上旬以来の大幅な値上がり=N

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット判事を指名意

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月